実写映画

【映画感想】実写映画 モンスターハンター(モンハン)【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:ポール・W・S・アンダーソン
  • 出演:ポール・W・S・アンダーソン
  • 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー他
  • 日本公開日:2021年3月26日
初めに

カプコンの人気ゲーム『モンスターハンター』を題材に実写映画化。

監督は同じくカプコンの人気ゲームである『バイオハザード』を実写映画化したポール・W・S・アンダーソン。

主演は『バイオハザード』でもおなじみミラ・ジョヴォヴィッチ。

あらすじ

アメリカ陸軍のナタリー・アルテミス大尉率いるチームが、行方不明になった仲間のチームを砂漠で捜索していた。

手掛かりが無い中、突如出現した嵐にチームが巻き込まれる。

目を覚ますと、そこには行方不明となていた仲間のチームの残骸が…それは現代の兵器でも不可能なほど焼け焦げた形跡だった。

違和感を感じながら砂漠を走るアルテミス達。目の前に現れる恐竜よりも巨大な骨に驚く一同。

その時、砂漠の地中から「ディアブロス」が襲い掛かる…

感想

初日に映画館に行ってきました!モンハンはやり込むほどハマったゲームです。

実写化は映画といえば批判される事が多い印象ですね。さて今作ですが…

非常におしい!が率直な感想です。まず、映像は本当に素晴らしいです。モンスターのCGが圧倒的で、迫力満載。

モンハンといえば咆哮。これも良かった。映画館のスクリーンで体験すると恐怖感がすこぐ伝わってきます。

そしてハンターの装備、武器の再限度も良くできていました。

ディアボロスが壁に激突して、角が折れたり、お馴染みの肉を焼く行為、そしてアイルーの登場。原作ゲームへのリスペクトも感じます。

しかし問題は脚本です。異世界転移物な今作。そこは良いんですけど、設定が甘い。

主人公のアルテミスは元の世界に戻るのを目標にしています。で、あっさり帰れる方法が判明するのですが、その設定のおかげで、鑑賞中にモンハン実写映画というより、異世界転移のモンスター映画を観ている印象になりました。

そもそも、モンハンが最新映像で実写化したらどうなるんだ!?の思いで映画館に足を運んでいるので、重火器VSモンスターは別にモンハンの世界では望んでいないんですよね。

それが今作、思ったより重火器が登場するので残念でした。

酷評な評価になってしまいましたが、映像は本当に素晴らしいです。この迫力は映画館でこそ味わえると思います。

ストーリーはシンプルですので親子でも楽しめるかと!思ってたより残酷な描写は多々ありますが。

迫力ある実写のモンスターを観たいんだ!って方にお勧めです!

  • モンハンの世界を実写化
  • ディアボロス、リオレウスの迫力ある戦闘
  • モンスターが強敵に描かれている
  • 現代人とハンターの修行、共闘
  • 原作リスペクトな演出
  • 最高峰のCG