ZENON

【漫画感想】終末のワルキューレ 5巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作 :梅村真也
  • 作画 :アジチカ
  • 構成 :フクイタクミ
  • 出版 :コアミックス
  • 発売日:2019/11/20
始めに

全世界の神々VS偉人、武人、傑人。一対一のタイマンバトル開幕!
原作は『ちるらん』の梅村真也。
作画は『真・群青戦記』のアジチカ。
2021年アニメ化決定!

あらすじ

三回戦
《史上最強の敗者》佐々木小次郎VS《大海の暴君》ポセイドン。
激闘がついに決着する。

四回戦
《人類史上最凶の殺人鬼》切り裂きジャックVS
《神に成った伝説の英雄》ヘラクレス。

今回の人類代表は殺人鬼。味方である人類側からもバッシングが・・・

感想

ついに佐々木小次郎とポセイドンの戦いが決着します。
本当にどっちが勝つかわからない戦いでした・・・

まさに死闘。アニメで観るのが凄く楽しみな三回戦でした!

そして次の四回戦。
人類側は殺人鬼って事もあるんだけど、神代表のヘラクレスが
良い神すぎて、神側を初めて応援したくなってしまいますね。

  • 一対一のタイマンバトル
  • ド派手な入場
  • 迫力ある戦闘
  • キャラクターのバックストーリー