ZENON

【漫画感想】終末のワルキューレ 7巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:梅村真也
  • 作画:アジチカ
  • 構成:フクイタクミ
  • 出版:コアミックス
  • 発売日:2020/6/19
初めに

全世界の神々VS偉人、武人、傑人。一対一のタイマンバトル開幕!

原作は『ちるらん』の梅村真也。作画は『真・群青戦記』のアジチカ。

2021年アニメ化!

あらすじ

第四回戦。《人類史上最凶の殺人鬼》切り裂きジャックVS《神に成った伝説の英雄》ヘラクレス。

長き戦いがついに決着する…

感想

第四戦。尺がかなり長かったですね。

ヘラクレスの技は命を削る割りに弱く感じました。そして逆にジャックの技は万能で、強すぎる感ありましたね。

人類側のリーダーを務めているブリュンヒルデがちょっと怖かった。なぜここまでして人類側についているのか?謎が深まります。

  • 一対一のタイマンバトル
  • ド派手な入場
  • 迫力ある戦闘
  • キャラクターのバックストーリー