実写映画

【映画感想】実写映画 るろうに剣心 最終章 The Final(るろ剣)【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督    :大友啓史
  • 出演    :佐藤健、武井咲、新田真剣佑他
  • 日本公開日 :2021年4月23日
始めに

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の実写映画第四弾です。

全世界シリーズ累計発行部数は7200万部

2021年二部作で作成される最終章の続編映画が、完結編として公開。

『The Final』2021/4/23公開
『The Beginning』2021/6/4公開

あらすじ

志々雄真実との激闘の後、神谷道場で剣心達は平穏な日々を過ごしていた。

ある日、謎の集団が東京を砲撃。剣心の身近な人々が砲撃に被害が出てしまう…

黒幕は上海の武器商人の縁だった。縁は剣心に強い憎しみをもっており、同じ目的をもった同志を招集する。

縁を止めるべく、動き出す剣心達。そして剣心の頬の十字傷の過去が明らかになる…

感想

ついに観てきました!最終章。

最終章は全2作で作成されています。

原作の『人誅編』が『The Final』

『追憶編』が『The Beginning』です。次は6月公開です。

尺の都合上、短縮されており残念な所ありましたが、なんと!サプライズが…!原作ファン大歓喜のムネアツ展開!

以下ネタバレ強め感想注意です!

冒頭は斎藤と今回のボスである雪代縁のおいかっけこから始まります。

まず、縁を演じた新田真剣佑が良すぎた。アクション、セリフ、見た目全て完璧。実写映画でこれほどまでの完成度は見事ですね!

うまく原作をまとめたストーリー。しかし、尺の都合上省略されており残念にも思うけど、中途半端に伸ばすより良かったと思います。

縁は5人の仲間が居るんですけど、外印と戌亥番神は、実写映画の第一作目で敵として登場しているんですよね。笑

なので今作では登場しません。戌亥番神は乾天門として別キャラで登場。

原作ファンは思うはずです…

外印が居なければ、人形が出ないじゃないか!!!と…原作屈指の衝撃展開、薫の死。

薫の死で、剣心は廃人に。しかし、実は薫の死体は外印が作成した人形だった。この展開は省略されています。

今作では縁に薫が普通に攫われるだけです。実写映画では三回目ですね。笑

これはもうヒロインの役目なので仕方ない。

この薫を攫うシーンですが、人形を期待せざる演出があるんですよ。これは監督うまい!実際人形はカットされるんですけど、原作リスペクト感じました。

四乃森蒼紫と巻町操の登場。この二人が登場したあたりからバトルシーンが加速していきます。

しかし、四乃森蒼紫はあっさり退場…伊勢谷友介が演じる四乃森蒼紫が凄く好きなので残念。

蒼紫が早期退場は改変ですが、良い改変もありました。

操が大活躍!!!なんと最終決戦で幹部一人倒します…!

そもそも、操役の土屋太鳳って評価凄く高いと思うんですよ。そこまで戦闘シーン多くないのに、強く印象が残っています。

なので今作はバリバリに戦います。しかも蒼紫リスペクトの技が…最高か!?

左之助と弥彦は今回あまり活躍しません。弥彦はいつも通りだけど、左之助戦が省略されたのは以外でした。

まぁ実写の左之助の戦闘はコミカル要素強いし、二重の極みも習得してないし、これで良かったかな。

仲間達との助けもあり、縁との最終決戦へと向かう剣心。ここで中ボス的存在の呉黒星に雇われた瀬田宗次郎が登場します。

なにこれ…原作にない展開。しかも、呉黒星を裏切り剣心と宗次郎が共闘!!!

最高すぎて鳥肌物でした・・・一番好きなんや!宗次郎が!アクションは勿論、セリフも最高。

そんな盛り上がった状態で剣心VS縁が始まります。これは凄い。特に縁のアクション。本当に拍手な殺陣です。これはぜひ見て頂きたい。演技もさることながら、舞台の天候がまた良い…

激闘の縁戦の後に今作で綺麗なEDへ持っていきましたが、まだ終わらない実写るろ剣。

実写るろ剣は殺陣、アクションは本当に素晴らしい。しかし、物語は正直薄い。これは尺の都合上仕方ない。

次作はすでに最高傑作と評されています。恐らく次作が実写るろ剣の最終作。

殺陣はもう信頼しているので物語の演出に期待ですね!

  • 完成度が高い原作再現
  • 豪華キャスト
  • 最高峰の殺陣(アクション)
  • 映画シリーズ化
  • 原作ファンへのサプライズ