GCUP!

【漫画感想】装備枠ゼロの最強剣士 でも、呪いの装備(可愛い)なら9999個つけ放題 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作 :坂木持丸
  • 漫画 :鷹嶋大輔
  • 原案 :ゆのひと
  • 出版 :スクウェア・エニックス
  • 発売日:2019/11/12
初めに

小説家になろう発!

「装備選びは人生選び」
「装備を制する者は人生を制す」
この世界では装備が人生を決める・・・

装備が大好きな主人公ノロア・レータ
しかし、なんとノロアは、装備枠がゼロだった!?

あらすじ

全ての武具は装備して魂の契約をする事で真価を発揮する。
この世界では、装備枠の数が人生を左右する。

主人公ノロアは装備枠が0であり、ゼロのノロアと蔑まれていた。

しかし、装備に人一倍思入れのあるノロアは諦める事はなかった。
装備枠がなくとも装備する事が出来る武器。通称「呪いの武器」

呪いの武器は、装備条件がなく、触れただけで強制的に装備枠を
消費して装備される。

呪いの装備は絶大な効果がある反面、死ぬまで外す事ができず
さらに大きな代償を払い続ける必要がある危険な装備。

そんな危険な呪いの装備をノロアは探す。
装備枠0のノロアには誰にも伝えていない秘密があった・・・

そんな時、呪いの装備を装備してしまい自我を失った冒険者が
街を襲う・・・

感想

装備枠の数が人権な世界です。面白い設定ですね!
実は、ノロアには装備枠があります。その数9999!!!

冒頭で装備枠3でマウントを取ってきた冒険者が居たので
この数はチートですね。笑

しかし、物心ついた時から装備している装備「相思相愛」
この装備のせいで呪いの装備しか装備する事ができない状態なんです。

はじめて装備した呪いの装備が呪々人形。
効果は他人の呪いの装備を奪う事。

この装備を使い、呪いの装備を集めていくんですが
鞘から抜いたら目の前の生物を全て殺さないといけない、発動したら
目的を達成しないと死ぬ。強力だけど代償がきつい。

どぎつい代償を払う必要があるんだけど、ノロアは変態なほど
装備に対して愛情があるので、その相対な関係が面白いです!

最初に手に入れた呪々人形は、うるさいほど喋る明るい女の子ジュジュ。
冷静に見えて、装備に目がないノロア。
ノロアとジュジュのコンビも見ていて楽しい!

  • 装備枠が人権な世界観
  • 代償が大きな装備を使用して強くなる主人公
  • 呪いの装備収拾