アニメ

【映画感想】アイの歌声を聴かせて 【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:吉浦康裕
  • 脚本:吉浦康裕
  • 声優:土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加、他
  • 日本公開日:2021年10月29日
初めに

最後にきっと、笑顔になれる。

ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたエンターテインメント!

ミュージカル×SF×アニメーション作品!

あらすじ

景部高等学校に転入してきた謎の美少女・シオン。クラスで孤立しているサトミに「私がしあわせにしてあげる!」と話しかけ、突如歌い出す。

シオンは誰もが予想出来ない行動を起こし、天真爛漫な性格で学校の人気者になる。しかしシオンの正体は、サトミの母・美津子が開発し、試験中の【AI】だった。

シオンの試験は失敗が許されない。失敗すれば美津子の上司の圧力により全てを失う。娘のサトミにも秘密にし、シオンを景部高等学校に通わせ試験を継続していた。

サトミを《幸せ》にしたい。その想いから行動するシオンは、周囲を巻き込む大騒動を起こしてしまう。

感想

最高の映画でした!!!元気になる映画です!ミュージカルとアニメーションの相性抜群です。

歌を歌うのは基本、AIのシオン。ミュージカル特有の「突然歌いだす」がAIの行動による事なので、違和感が無いのもポイントですね。

舞台は現代の田舎町ですが、星間エレクトニクスという企業が地元にあり、そこが開発するAIが普及している町です。人間と区別できない高性能なAIロボはシオンだけです。

掃除や田植えロボ。音声認証による家具などが存在しています。この世界観もミュージカルに合っていましたね!シオンが歌いながら様々な物をAIを通して操り、ミュージカルシーンを盛り上げる事ができます。

ミュージカルシーンは本当に良かった。柔道+ミュージカルのシーンがあるのですが、何度も見返したいと思える程です!シオンのCVは女優の土屋太鳳さん。かなり上手くてびっくり!AIが喋っているような演技と歌唱力は本当に素晴らしいです!

シオンは、主人公サトミの母親である美津子が開発しました。美津子は男社会で成り上がって来た為、シオンの試験を失敗にさせ美津子に責任を取らせようとする上司が存在しています。この上司の存在が後に起こる事件へと関係しているのです。

サトミは家では明るいけど、学校では過去に生徒がタバコを吸っていた事を先生に報告した事が原因で孤立。

美津子の試験が失敗させない為に、シオンの存在をばれないように努力するサトミ。そしてサトミと距離が離れている幼馴染の男子や、気の強い女子、クラスの人気者なイケメン、柔道部に所属する男子。

この同級生たちが、シオンの行動によって孤立したサトミと親密になっていく。この過程は青春ストーリーとして最高です。そんな最高な状態で起こる事件。シオンの存在が美津子の上司にばれてしまう…

拘束されるシオンを助けるために、大人に立ち向かう子供達。怒涛のクライマックスは必見です!!!感動すること間違いなし!

AIは人間に命令される事で初めて動きだす。美津子は命令していないのに、なぜシオンは、登校初日にサトミをいちはく見つけ声を掛けたのか。なざサトミの名前を知っていた?そしてなぜサトミを《幸せ》にする事に拘っていたのか。

この謎は終盤に判明します。この謎の伏線回収は見事でした!照れくさい演出もありますが、作品としての完成度。視聴後の満足度は最高です!ぜひ劇場で楽しんで下さい!

  • 歌+映像演出が素晴らしい
  • 感動青春ストーリー
  • 怒涛の展開
  • 楽しい気分になる作品