ゾンビ / ホラー

【映画感想】ブライトバーン/恐怖の拡散者【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:デヴィッド・ヤロヴェスキー
  • 出演:エリザベス・バンクス、デヴィッド・デンマン、ジャクソン・A・ダン、他
  • 日本公開日:2019年11月15日
初めに

超人的な力を持った少年が邪悪な存在だったら…!?

悪のスーパーマン登場!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガンが製作!

あらすじ

カンザス州ブライトバーン。ブライア夫妻が営む農場に宇宙船が墜落した。宇宙船の中には赤ん坊がおり子供ができず、苦しんでいた夫妻は自分達の子として育てる事に。

ブランドンと名付けた息子は12歳になった時、夫妻に反抗的な態度をとるようになる。

ブランドンには普通の人には無い恐ろしい力があったのだった。そしてある日ブランドンは同級生に怪我をさせてしまう。

徐々に狂ってくる日常。超人的な能力を持った少年が邪悪へと堕ちていく…

感想

闇堕ちヒーロー映画です!しかしグロいなー…笑

主人公ブランドンは思春期の反抗期で両親に反発、そして自らの超人的な力に目覚めていくんだけど…力を人に使う事に容赦が無さすぎる!

正義のヒーロー物なら、途中で力をコントロールして人助け…な展開になりますが、今作はむしろ逆で力が増す程、犠牲者が増えていきます!!!

でもこの容赦の無さは凄く良かった!ダークーヒーローを期待してたので満足です。

予告に映ってますが、レストランのおばさんがキツかった…グロシーンが多々ありますが、一番苦手でした。おばさんのその後は…さらに衝撃!

警察官にも容赦ないブラントン。そもそも親族にも容赦はありません。ここまでやるか…良い意味で期待を裏切ってくれて大満足です!

グロくても大丈夫!悪のスーパーマンが見たいって人にオススメです!ストーリーは期待せず楽しみましょう!

  • スーパーマンが悪人に育ったら?を楽しむ映画
  • 容赦がない主人公
  • スーパーマンのオマージュ
  • 新たなユニバースの予感…?