アクション

【映画感想】007/カジノ・ロワイヤル【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:マーティン・キャンベル
  • 出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、他
  • 日本公開日:2006年12月1日
初めに

ダニエル・クレイグ版007 シリーズ1作目!

ジェームズ・ボンドが「007」になるまでの物語。

あらすじ

00(ダブオー)のへと昇格する条件をクリアしたボンドは、イギリス秘密情報部員「007」と昇格を果たす。

世界中のテロリストの資金運用をしているル・シッフルの存在を突き止めたボンドは、ル・シッフルの計画を妨害する。

ボンドにより多額の損失を負ったル・シッフルは、モンテネグロのカジノ・ロワイヤルで大富豪10人を集めテキサス・ホールデムで損失を取り返そうとしていた。

しかし、そのテキサス・ホールデムにボンドは参加者として乗り込む。

感想

見所満載のアクション映画です!ダニエル・クレイグ版007は今作から見始めましょう!

ボンドは本当にクールな主人公。賢く、気品がありそして強い。上司の命令を聞かずに無茶する所も魅力的です。

そんな完璧と思えるボンドが、何度もピンチになる。ハラハラしながら楽しめるのも今作の見所ですね!

オープニングのパルクールでのターゲット追跡から始まり、テロの阻止。そしてカジノでの心理戦。

見所が多い今作ですが、マッツ・ミケルセンが演じたル・シッフルも魅力的な敵で、かなりの強敵です。

エンディングと思いきや…からの怒涛の展開も目が離せません!ボンド役が決定した時に歴代の007ファンからバッシングがあったダニエル・クレイグですが、今作で完全にアンチを黙らせたらしい!

10/1に最新作であり、ダニエル・クレイグ版007の最終作が公開されます!今から最新作に向けて予習されてはどうでしょうか!

  • ダニエル・クレイグが主役
  • ボンドが007になる最初の物語
  • 派手なアクション
  • 主人公が強い
  • シリーズ作品