アクション

【映画感想】007/スペクター 【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:サム・メンデス
  • 出演:ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、他
  • 日本公開日:2015年12月4日
初めに

ダニエル・クレイグ版007 シリーズ4作目!

映画史上最大の爆破シーンとしてギネス認定された。

あらすじ

メキシコで起こした不祥事により、ボンドは謹慎命令を下される。

しかしボンドは前任Mの遺言に従い、単独でローマへと赴く。

そこでボンドは、自身が殺害したスキアラの妻・ルチアと出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。

その頃、ロンドンでは新国家保安センターのマックス・デンビーがボンドの行動に疑問を抱き「時代遅れ」と評している00部門の機能を停止させてMI6をMI5に吸収させることを画策していた。

感想

今回の敵はかなりの大物。謎の巨大組織「スペクター」をボンドが追う!

さらにスペクターを束ねる首領のフランツ・オーベルハウザーは、ボンドとの関わりが…

前作で死亡したM。そのM亡き後にボンドに届いた映像データ。

死してもなお、ボンドに命令するとは流石ですね!なぜMは映像を残したのか、冒頭から謎がありワクワクしました!

Mの最期の命令から始まり、物語が進むにつれて謎の巨大組織「スペクター」の真相やボンドの過去についても明らかになってきます。

前作で負傷により衰えたボンドですが、今作では完全復活状態!いつもの強いボンドが見れて嬉しい。ヘリを銃で落としちゃうなんて!!凄すぎます…!笑

ボンドガールは、レア・セドゥが演じたマドレーヌ・スワン。美人で度胸もある。ちゃんと活躍シーンもあって、ボンドをピンチから救うことも!

007シリーズ最新作であり、ダニエル・クレイグ主演作品としては最終作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が現在公開されます

今作『007/スペクター』から登場人物が続投されますので、今作を視聴して『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に備えましょう!

  • ダニエル・クレイグが主役
  • 派手なアクション
  • 主人公が強い
  • シリーズ作品