アニメ映画

【映画感想】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序【ちょいネタバレ】

概要
  • 脚本:庵野秀明
  • 監督:庵野秀明
  • 声優:緒方恵、林原めぐみ、宮村優子、他
  • 日本公開日:2007年9月1日
初めに

汎用人型決戦兵器 人造人間「エヴァンゲリオン」に搭乗する14歳の少年少女達と、謎の敵「使途」との戦いを描いたTVアニメシリーズです。

《旧劇場版》
1997年『シト新生』公開。
1997年『DEATH(TRUE)2 / Air / まごころを、君に』公開。『DEATH(TRUE)2』は『シト新生』の再編集版。
《新劇場版》
2007年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公開
2009年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公開
2012年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開
2021年『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開

そして2021年6月12日より『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の新バージョン『EVANGELION:3.0+1.01』が公開。

あらすじ

総人口の半分が失われた大災害「セカンドインパクト」から15年後の世界。

碇シンジは、碇シンジは長年別居していた父。国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウから第3新東京市へ呼び出される。

ネルフが開発した人造人間「エヴァンゲリオン」のパイロットとなり、謎の巨大生物「使途」と戦う事を命ずる。

拒むシンジだったが、重症の少女・綾波レイが予備パイロットとしり、自らエヴァに乗る事を決意する。

感想

TVアニメのリビルド(再構築)作品です!10年ぶりの新作です!

かなり面白いです!ストーリー展開はTVアニメ通りに基本進みます。序盤の盛り上がり所である「ヤシマ作戦」ここがメインバトルです!

映像の進化と演出の進化により、知っている展開でもかなり楽しめました!海が赤い等、少し設定が違う所も面白くて考察しがいがある所もポイントです。

そして使途と戦うシンジへの応援メッセージや、ミサトとゲンドウの絡みの追加などキャラクターの情の部分が強化されている事も最高でした!

そして…エンドロール後の予告。続編が観たくなりますよ…!

  • 複雑であり魅力的な世界観
  • 古さを感じさせない、設定、戦闘描写
  • 魅力的なキャラクター達
  • キャラクターの心情描写
  • 劇場版へと続くシリーズ作品
  • TVアニメのリビルド(再構築)