アニメ映画

【映画感想】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破【ちょいネタバレ】

概要
  • 脚本:庵野秀明
  • 監督:庵野秀明
  • 声優:緒方恵、林原めぐみ、宮村優子、他
  • 日本公開日:2009/6/27
初めに

汎用人型決戦兵器 人造人間「エヴァンゲリオン」に搭乗する14歳の少年少女達と、謎の敵「使途」との戦いを描いたTVアニメシリーズです。

《旧劇場版》
1997年『シト新生』公開。
1997年『DEATH(TRUE)2 / Air / まごころを、君に』公開。『DEATH(TRUE)2』は『シト新生』の再編集版。
《新劇場版》
2007年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公開
2009年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公開
2012年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開
2021年『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開

そして2021年6月12日より『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の新バージョン『EVANGELION:3.0+1.01』が公開。

あらすじ

旧北極のネルフ基地「ベタニアベース」にて暴れだした第3使途。真希波・マリ・イラストリアスはエヴァンゲリオン仮設5号機にて出撃し、第3使途を撃破。

一方、日本の碇シンジは、母・碇ユイの墓参りから帰る途中、式波・アスカ・ラングレーが搭乗するエヴァンゲリオン2号機が第7使途を撃退する所を目撃する。

感想

ついにアスカが登場!前作の『序』はTVアニメの面白い所を上手くまとめ、そして少し変化を加えた作品でした。

今作の『破』は、冒頭から新キャラクターのマリ、そして新エヴァも登場します。いきなり知らない事の連続!

そしてついに登場するアスカ、そしてアスカと相対する使徒…こちらも全然TVアニメと展開が違います!

ここまで変えるか…そして面白い。前作は展開が予想できたけど、今回は予想が出来ない。ずっとワクワクさせてくれました。

キャラクターの心情にも大きな変化があります。レイがシンジの為にゲンドウとの食事会を企画し手料理を練習する。こんな事、今までのレイではあれませんでした。

そしてレイに感化されてアスカも手料理を練習します。凄く幸福感溢れるパートが続きますが…やはり簡単には終わらないエヴァンゲリオン。

TVアニメの18話➔19話の流れが再現されます。暴走する3号機。しかしTVアニメ版と違うのがパイロットです。トウジではなく、なんとアスカが搭乗します…3号機といえば…

衝撃の3号機のシーン…からの最強の使途ゼルエルが登場します。この流れはTVアニメ通りなんですが、シンジがめちゃくちゃかっこいい!シリーズ通して一番好きなシーンがこのゼルエル戦であります。

まさに主人公!今作は本筋のストーリー、そしてキャラクターの心情に大きく変化を加えた上で本当に面白い作品でした!

  • 複雑であり魅力的な世界観
  • 古さを感じさせない、設定、戦闘描写
  • 魅力的なキャラクター達
  • キャラクターの心情描写
  • 劇場版へと続くシリーズ作品
  • TVアニメ版から大きな変化がある