エイリアン / モンスター

【映画感想】ゴジラVSコング【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:アダム・ウィンガード
  • 出演:アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、小栗旬、他
  • 日本公開日:2021年7月2日
初めに

モンスター・ヴァース。第四弾!

ゴジラが怪獣の王として君臨してから5年後の世界であり『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の続編です!

モンスター・ヴァースとは

ゴジラとキングコングを主人公とし、一連の怪獣映画を中心として世界観を共有し、作成されたユニバースシリーズ。

第4弾まで製作され、第5弾の製作が発表されています。

あらすじ

ゴジラが深海の暗闇から姿を現し、フロリダにあるハイテク企業エイペックス社を襲撃、世界を再び危機へと陥れる。

一方、怪獣の調査を行っている研究機関「モナーク」は髑髏島に前哨基地を設置し、ゴジラから守る名目でコングを収容。

エイペックスのCEOのウォルター・シモンズとモナークの生物学者・芹沢猪四郎の息子である芹沢蓮は、ゴジラを倒す新兵器製作の為、コングの帰巣本能を利用し、地底に存在する空洞を目指す。

地底空洞探査の為、コングを南極へ移送中にゴジラがコングを察知し襲撃。ゴジラVSコング両者の激しい戦いが幕を開ける。

感想

怪獣バトルを楽しむ映画です!モンスターバースとしてシリーズ4作目となる今作。

前作の『キングオブモンスターズ』の続編の位置付けの為、継続して登場するキャラクターも居ます。

しかし、過去作が未見でも楽しめるかと!映像と音は相変わらず素晴らしい!

しかし脚本が…もともと脚本に賛否あるシリーズで、怪獣バトルが楽しめれば良いとの意見もありますが、今作は特に脚本の悪さ、雑さが目立つ展開でした。

ここから先ネタバレ注意!!!

ゴジラとコング。W主人公のように思えますが、主役はコングです。ゴジラが悪役でコングが味方として物語が進み、メカゴジラが登場した事でゴジラとコングが強力する。

展開としてはかなり熱い!しかし、登場する怪獣はゴジラとキングのみ。雑魚は出て来ますが…その為、前作よりスケールダウンな印象に。

コングと心通わす少女の存在。手話で会話する事が出来ます。コング賢すぎですね!

で、暴れているゴジラを倒す為にコングを戦わせる…ではなく、まず地下空洞なる場所にゴジラを倒す為のエネルギーを入手しに行く事に…コングは案内係。

そして地下空洞は、反重力の影響により入ると死ぬ。その為、特殊な乗り物を準備する人類。

突然のゴリゴリなSF要素で困惑…地下空洞に突入するシーンなどもはやワープです。汗

そして都合良く目的の物を入手し、そして都合よく脱出し、ゴジラとの戦闘になります…

ここでゴジラファン歓喜。ゴジラの方が強かった!今作コングの方が活躍しているので、これはアリですね。

ついに登場するメカゴジラ!ださい!でも狂気じみてて好きなデザインです。操作しているのは、小栗旬演じる、

このは、芹沢の姓の為、恐らく芹沢博士の息子。説明がまさかの無いという…そしてメカゴジラを操作する為に神経を接続していましたが、メカゴジラの暴走によりあっさり死にます。

芹沢博士の息子だとしたら、かなり重要なキャラクターだと思うのだけど…雑く散りました。やたら白目演出が目立ったので、せっかくの大作出演者の小栗旬ですが、イケメン白目の印象が凄い。笑

そしてメカゴジラですが、めちゃくちゃ強い!ゴジラを圧倒します。恐らくゴジラはコング戦で消耗してるとは思うけど、メカゴジラ強い。

コングはゴジラに負けて瀕死状態。心臓を動かす為に地下空洞の潜入に使用した乗物、

これどーやって倒すの?と思ってたら衝撃的の展開に…実は、メカゴジラを開発していた基地に侵入していた、前作主人公。さるし

この侵入パートは、侵入経路、警備ガバガバ…とツッコミどころ満載で面白くなかったのですが、メカゴジラを倒す為に、装置に酒を掛けてショートさせる…まさかの超古典的な方法をやらかし、それが決定打となりメカゴジラは敗れます…

正直この展開は好きでは無いです。しかし今作は、ゴジラとコングの共闘。そしてコングのメカゴジラ討伐シーンは迫力満載です!細かい事は気にせず楽しみましょう!!!

  • ゴジラVSコング両雄の戦い
  • 大迫力の怪獣バトル
  • シリーズ作品