アニメ

【映画感想】機動戦士ガンダム 逆襲のシャア【ちょいネタバレ】

概要
  • 脚本:富野由悠季
  • 監督:富野由悠季
  • 声優:古谷徹、池田秀一、弥生みつき、他
  • 日本公開日:1988年3月12日
初めに

『機動戦士ガンダム』から14年後が舞台。

アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描く。

あらすじ

シャア・アズナブルは、幾度の戦いを経ても依然として地球から宇宙移民を統制し続ける地球連邦政府に対し、ネオ・ジオンを率いて反乱を決行。

小惑星アクシズを地球に激突すべく作戦を開始。ロンド・ベルのアムロ・レイは自ら開発に加わった新型モビルスーツ・νガンダムを駆り、シャアの計画を阻止する為、奮闘する。

感想

アムロとシャアの最後の戦いです。『機動戦士ガンダム』の続編であり、その後のガンダム作品の設定も出てきますので、大体の設定を知っていた方が楽しめます。

二人の芯がぶれないメインキャラクターを主とし、ハサウェイ、クェス達サブキャラクターの葛藤が描かれています。

主要キャラクターがあっさり死にます…容赦なく。

以下ネタバレ注意です!

ハサウェイが恋した少女、クェス・パラヤ。そしてアムロの恋人、チェーン・アギ。この二人の結末が衝撃でした。

クェスは、当初アムロ達と行動していましたが、シャア側へ離反。そして兵士へと成長していき、自身の父親までも手に掛けてします…そんなクェスに思いを寄せるハサウェイは戦場でクェスと相対し説得を試みるのですが…

チェーンがハサウェイを救う為にクェスに攻撃。そしてハサウェイを守る為に自ら盾となりクェスは死亡します。

そして激昂したハサウェイはチェーンを撃墜していまう…ここの展開は悲しかった。クェスは最後に人の為に死んだ。そしてチェーンはハサウェイを思って攻撃したはずなのに、結果ハサウェイの大切な人を殺してしまい、代わりにハサウェイに殺されています…

でも思ったんです。チェーンの放った攻撃は、クェスが身代わりにならなかったら、ハサウェイ死んでたんじゃ…?

そして昔から出演していたメカニックのアストナージ、クェスに恋しシャアに嫉妬していたギュネイの二人の死が一瞬で、富野由悠季は、容赦ないと改めて思いました。笑

『閃光のハサウェイ』の予習も兼ねて久しぶりに視聴しましたが、クェスの死は重要なポイントになりますので、『閃光のハサウェイ』の前に今作を視聴する事をお勧めします!

勿論、単体作品としても面白いです。誰もが知るアムロとシャアの最後の戦い、そして最後のアクシズ落下シーンは必見です!ファンネル戦闘が沢山見れて満足!

  • 初代ガンダムの続編
  • アムロとシャアの最後の戦い