アニメ

【映画感想】僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:長崎健司
  • 原作:堀越耕平
  • 声優:山下大輝、岡本信彦、佐倉綾音、井上芳雄、他
  • 日本公開日:2019年12月20日
初めに

劇場版第2弾!

那歩島を訪れていたデク達。プロヒーロー不在の中、突如襲撃するヴィランに1年A組が応戦する!

あらすじ

死柄木弔たちが運ぶ謎の運搬物。プロヒーローたちが現場に駆け付け、死柄木弔一派と激しい戦いを繰り広げる。

一方デクたち雄英高校ヒーロー科1年A組は、次世代のヒーロー育成プロジェクトの一環として、クラス全員で期間限定の校外ヒーロー活動の為、日本のはるか南に位置する離島・那歩島を訪れていた。

しばらく大きな事件が全く起きていない平和な島で、島の人々の生活を助けながら、ヒーロー活動を行うデク達。

そんな平和な島に突如襲撃するヴィラン。襲撃の目的は、ヒーローに憧れる少年・活真だった…活真を守る真幌。

小さな姉弟、そして島民を守る為、プロヒーローに助けを呼べない中、デク達1年A組全員で応戦する。

感想

最高の劇場版でした!ヒロアカ好きは勿論、熱い戦闘、ヒーローが好きな方に超おすすめな映画です!

舞台は日本の島。そこで次世代ヒーロープロジェクトの一環で、1年A組が活動しています。

島にはヒーローが嫌いな少女、そしてヒーローが大好きな弟の兄弟が居て物語に絡んできます。

この小さな姉弟を守る。そんなシンプルなストーリーなんですが、激アツ展開になります!

なんと今作の物語は、作者が考える原作の最終決戦のネタの一つだった…!?それは熱いに決まっていますよね!

以下ネタバレ注意

平凡な島なんですがある目的の為、襲撃するヴィラン達。

襲撃するヴィランのリーダーはナイン。オール・フォー・ワンの細胞移植を受けた事で、最大8個まで能力を奪えます。かなり強い。

そんな強力なヴィラン襲撃の中、通信は閉ざされ、プロヒーローを呼べない状態で1年A組がヴィランに立ち向かう!

前作の映画は活躍する1年A組のキャラクターが限られていましたが、今作は沢山のキャラクターに見せ場があります!

ナインは、強力な個性を持っていますが、個性を行使する毎に自身の細胞が死滅していく…そんな命に係わるデメリットがあります。

なので、今回のヴィランの目的は、狙われる小さな姉弟の活真が持つ個性「細胞活性化」をナインが取り入れる事で、デメリットを無くす。それが目的になります。

強敵ナインに沢山個性を使用させ、自滅させる。その為に1年A組が作戦を練って連携プレー!めちゃくちゃ熱い!決死の1年A組のメンバー達は本当にかっこいい!最高でした!

それでも倒れないナインは、最終決戦で限界を超えてさらにパワーアップ。誰が倒せる…そんな状態のナインに立ち向かうのがデクと爆豪です!

ナインを倒す為に、まさかのオール・フォー・ワンを爆豪に譲渡するデク…二つのオール・フォー・ワンでの最終決戦。

もともと今作は、戦闘の作画が素晴らしいのですが、最終決戦は異常な作画で脱帽でした…!!!

狙われた小さな子供をヴィランから守る!非常に分かりやすい展開、そして総力戦の激アツ戦闘!必ず守る…最高のヒーロー映画でした!大満足!

  • プロヒーロー不在の中、孤島での戦闘
  • 1年A組が大活躍
  • 最高のラストバトル