アニメ

【映画感想】僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:長崎健司
  • 原作:堀越耕平
  • 声優:山下大輝、岡本信彦、佐倉綾音、吉沢亮、他
  • 日本公開日:2021年8月6日
初めに

劇場版第3弾!

「タイムリミットは2時間」ヒーロー達は、絶対絶命の中で各地の爆弾の回収に向かう!

あらすじ

世界中の個性保持者の殲滅を目論む謎の組織・ヒューマライズ

彼らが各国に仕掛けた、個性を暴走させ崩壊に導く爆弾「個性因子誘発爆弾(イディオトリガーボム)」

イディオトリガーボムから人々を救う為、世界選抜ヒーローチームが結成。

世界各国のプロヒーローと、ヒーロー事務所でインターン中だった雄英高校ヒーロー科が招集され、各地で爆弾の回収任務にあたる。

感想

ヒーロー達が大ピンチに!?かなり規模が大きい戦闘になりました。

前作『ヒーローズ:ライジング』が素晴らしかっただけに、どーしても比べてしまいますね。

脚本、登場キャラクター…全てがスケールアップした今作ですが…

前作は超えられなかった印象です。残念な所もありました。

勿論ヒロアカ好きは楽しめる内容となっています!

以下ネタバレ注意

冒頭から今回の敵のヤバさが伝わってくる演出。

そして早速デク達は、世界中にヒーロー達でチームを作り、今回の敵を倒しに向かいます。

ここで、今回の主役の一人で映画オリジナルキャラクター…ロディ・ソウルが登場します。

このロディが、とある事で警察とヴィランに追われる事になり、それを助けるデク。警察も真っ黒なので、デクに指名手配を掛けます。

中盤のデクとロディ二人の逃避行。ヒロアカではちょっと新鮮でしたね。海外が舞台ってのも良いです。

敵に追い詰められる二人ですが、爆豪と轟の助けによりなんとか窮地を脱出。で、結構都合よく敵の本拠地を見つけます。

今回爆弾を止める事が目的となっていて、この爆弾は個性を暴走、自身を自滅させる超危険な物。各地に隠された爆弾を探すヒーロー達。

世界各地の爆弾を停止させる事を目的にデク、爆豪、轟は三人で敵の本拠地に乗り込みます。

この世界各地で爆弾を探したり、混乱する民間人を救出するシーンで、サブキャラクター達を活躍させていますが、正直見せ場が少ない。

前作は、活躍しがちなデク、爆豪以外のキャラクター達にも見せ場が沢山ありました。今作は冒頭で、各地に編成されたチームを強調した割に肩透かしに終わってしまいます。

爆豪と轟はそれぞれ、強敵のヴィランと戦闘しますが、ぽっと出のヴィランが相手で敵に魅力もなく、戦闘も作画は凄いけど、そこまで盛り上がりはなかったです。

デクのラスボスとの最終決戦。ボスの個性は反射。倒し方は反射を超える力を出す事。これは予想できるし意外性もありませんでした。前作の最終バトルのサプライズが凄かっただけに残念です。

最高だった『ヒーローズ:ライジング』と比べてしまうと、脚本、キャラクター達の活躍、敵の魅力、戦闘の意外性が物足りない印象となってしまいました。

しかし、ラストバトルのデク覚醒の作画、盛り上がりは最高だったと思います!ヒーローがピンチになる爆弾の設定が凄く良かったので、サブキャラクター達の活躍、ヴィランの見せ場をもう少し練って欲しかったですね!次作に期待!

  • スケールの大きい物語
  • 多数の登場キャラクター
  • 迫力ある戦闘