GCUP!

【漫画感想】異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする 4巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:進行諸島
  • 漫画:なのら
  • 出版:スクウェア・エニックス
  • 発売日:2021/11/6
初めに

小説家になろう発!

異世界転移の主人公TEEE系です。

原作は『失格紋の最強賢者』『転生賢者の異世界ライフ』の進行諸島。

あらすじ

巨大な魔力の消失を察知したカエデは、エレノーラを出発し、火山のふもとの町・オルセオンを訪れる。

オルセオンでは魔物達の大移動、そして地震が多発するなど、様々な異変が起きていた。

カエデとリアは、異変の原因調査のため、古代遺跡の調査を受ける。

感想

新天地での遺跡調査が始まりました!冒険感があってワクワクします!

様々な異変が発生している町・オルセオン。ここで新キャラクターの狐の獣人で、考古学者のフィオニーと共に三人で遺跡へ調査へ。

カエデは、加速魔法を覚えたことで戦闘力がさらに上がりました。しかし、大きな戦闘はありません。次巻に持ち越しですね。

その代わり、調査する遺跡は大量のトラップが設置しており、カエデが居なければ間違いなく全滅するほど…この遺跡の先に何があるのか?異変の原因は?

主人公の成長と、新キャラクター、冒険のワクワク感が楽しめる第4巻でした!

  • 異世界転移
  • 多数のチートスキル持ち
  • 魔法剣士
  • 作画が良い