マーケティングに活用!おすすめのweb解析士の資格を取得!

こんにちわ!

実は先日web解析士の資格をやっとこさ取りました!
前職のweb制作会社が資格推奨の会社であった事や、実務で実際に携わっていた事もあり、
「せっかくなら資格として取っておきたいなー」と考えていました。2年ぐらい前からね!

制作会社に努めている時は普段はもちろん、休日も翌週分の仕事で余裕を持ちたくて、
週末はよく家で作業をしていた事もあり、全く
やっていませんでした;;

つくね
おうおう可哀そうにブルっちまってるぜ(・ω・)

当時のしゃっちょうさんからは公式テキスト(2016年度版)は貰っていたのに;
すいません;(´;ω;`)ウッ…

しかし、

実は2017の4月に2017年版の公式テキストを購入して勉強を再開していたのですが、
これまた途中でぷっつり(;^ω^)
そしてその年の12月中頃になってなぜか急に再開しました。。

web解析士の公式テキストは毎年発行されているんですが
それで年を超えてしまうと試験内容が翌年のテキスト本の内容になってしまうんです!

そりゃああああ買い直しますよね!

変更点といってもそこまで多くはないんだろうなぁ。。とも思いつつ;
そのちょっとした事で落ちたら嫌だなぁと思い;

だって試験それなりに高いんですよ!(笑)

つくね
自己投資だってばよ( ‘ ^’c彡☆))Д´) パーン

 

web解析士とは?

 

ウェブマーケティング、ウェブ解析に関する以下の基礎知識を習得、共通の用語認識の基に、営業・制作・開発・社内ウェブマスター業務等の遂行・業務効率化を可能にすることを目指します。

  • ウェブマーケティング、ウェブ解析を行う上で必要な用語(定義~使い方)
  • アクセス解析から得られる情報の認識・分析方法・計算方法(用途に応じた適切な利用)
  • ウェブ解析による課題の発見方法と改善手段(事業成果に繋がる解析の考え方)

「web解析士」の上には「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」という資格もあります◎

web解析士マスターになるとweb解析士を指導する事も含まれる為、人材育成や、講義等も行う事になります!
自分で講座めっちゃ開きたい人です!|д゚)←

 

試験費用

 

認定講座を受講して学習し受験する場合

  • 講座費用 10,800円(税込)
  • 試験費用 17,280円(税込・認定費用含む)
  • 公式テキスト4,320円(税込)

 

公式教材で独自に学習し受験する場合

  • 試験費用 17,280円(税込・認定費用含む)
  • 公式テキスト4,320円(税込)

 

再試験

  • 再試験費用:11,880円(税込)

 

認定講座は必須ではないので必ず受講しなくてはいけない訳ではないですが、
基本一人でテキストと睨めっこだと思うので、
「テキストだけで本当に大丈夫なのだろうか。。(/ω\)不安」

ってなりますよねw少なくとも自分はなりました!

認定講座を受けなくても「試験+認定費用+公式テキスト」は必ず必要経費になる為
約20,000円は確実にお財布からいなくなります。

ちなみに

上級は86,400円(税込)
マスターは324,000円(税込/認定試験費用込)かかります!

決して安くはない金額ですが、とる価値は十分にあると思います。
今は上級取得に向けて動いています|д゚)

 

合格率

 

2017年11月時点では下記の様になっています|д゚)

ただ年々web解析士の合格率がさがってきている様で;
とゆーのも元々「上級web解析士」の内容だった部分までが範囲になってきているらしく、公式テキストも300ページを超えています(/_;)

意外なのが「上級web解析士」が「web解析士」より高い80%を超えてきている事。

?受講者 合格率
web解析士 26,323名 70.7%
上級web解析士 4,717名 80.5%
web解析士マスター 375名 48.3%

勉強方法

 

勉強方法は大きく分けて下の2つ!になると思います|д゚)

①2018年度・公式のテキスト本(2018.0216日現在)

 

②公式テキスト2017年版(第8版)対応 ウェブ解析士認定試験 対策問題集?Kindle版

 

①②のテキスト本を繰り返しやる!

【1週目】
解答を見つつ分からない用語があってもまずは無視して読破!
(一度で理解しようとしても難しいです)

【2週目】
今度は分からない用語に付箋などをつける。

【3週目】
極力解答を見ないで解ける様にしましょう!
赤ペン等で必要だと思う所をどんどん書き込む。

【4週目】
4週目になると全体のおおよその内容は把握できてくると思うので
付箋がついている・解けなかった問題を中心に説きます。
なんとなくで覚えてしまうと、応用が利かなくなってしまうので、納得するまでやりましょう。

【5週目】
解答を見無くても9割以上は解けてくると思います。
引っかかっていた部分を中心的に全体を改めて一つ一つ確認する。

 

とゆーかこれ以外に他にやり方あるのかな;と思います|д゚)
仕事でバリバリ解析士として実務携わってます!
とゆーよーな方はまた話が違うのですが、大多数の方がそうではないと思うので。。

自分も前職で訪日外国人向けの多言語サイトをGAを使い
「月別」「前年比」「デバイス別」「国別」「流入元」etc…

などの指標でレポートを作成していましたが、テキスト本は分からない事だらけでした(笑)

ですがweb解析はこのやり方で取得できると思います。

 

②公式テキスト2017年版(第8版)対応 ウェブ解析士認定試験 対策問題集 Kindle版

はスマホ・iphoneでいつでも気軽に見れるので凄く便利ですよ!

 

勉強時間

 

ネットで「web解析士 勉強時間」などで検索すると色々な頁が出てくるので一概には言えないのですが、

全くの未経験だと100h以上は必要かなと

先程のテキスト本をそれぞれ5回以上近く繰り返していると
必然的にこれぐらいの時間が必要になってくるんじゃないかなと思います。

自分も一応解析士の実務経験あり、web制作は全般できるのですが、知らない単語のオンパレードでした;
SEOインラインフレーム(iframe)見出しタグ(h~)の様に馴染みのある単語も少しは出てくるんですけどねw

そして通常であれば2~3ヶ月かけてやるのでしょうが、今回は集中的してやりまくった結果
勉強開始~試験合格+認定レポート提出まで約2週間という短期間にしたので結構しんどかったですw

 

認定試験

 

時間は60分で、PCを使った4択問題です。

ネットでも書かれているし、認定講座の先生も何度も繰り返していましたが、「時間配分」超大事です!

分は目安として1問を30秒程で全て解答して
(ややこしい計算問題は1分じゃ無理なので基本飛ばしました!)

 

2週目で解答済みの見直しても含め、飛ばした問題を解いていきました。
(改めて見てもすぐ解けそうにないものは飛ばしましょう)

 

計算問題は単純に公式に当てはめるだけならそう難しくもないのですが、
計算に必要な指標がなく、逆算して計算をする事も多々ある為、慣れていないと大変です;

 

上記のやり方でジャスト60分ぐらいでした;

公式テキストは持ち込みが可能です!
不安な単語等に張り付けましょう!
(ただ張りすぎるとかさばってしまう為注意です!)

そして受験者は全員同じ問題になる訳ではなく、それぞれにランダムで問題が出されるとの事でした!
カンニングはダメ!しても違う問題だよー|д゚)(してる余裕もありません)

なので比較的簡単な問題が多い方がいれば、計算問題が多くなってしまう方もいるみたいです;
といっても各章でそれぞれ出される問題数は決まっています。

1章などは、「これは大丈夫だわー」と侮っていたが、実際出題された時に分からなく大きく失点に繋がるケースが多いとの事です;
怖い怖い(-_-;)

自分は「ウェブ解析士認定試験 対策問題集 Kindle版」から結構出題されるのかな?とも考えていたのですが、9割出てこなかったです;
「お、これは見た問題だ!よっしゃ」ていうのが2~3問?あった程度でした;
(ランダムに出題との事らしいので出る時もあるのかな??)

問題集と同じ書き方の問題は余りありませんでしたが、
答えは同じで問題の文章が変わっているだけというものもあった為、基本的にはやはり問題集もやっておいた方が絶対良いと思います◎

あと、認定講座の問題は、そもそも意味が分かりづらい書き方をしているものもあったりするので、よく読んでからじゃないと危ないです;
(認定講座講師の後藤さんも言ってました|д゚))

自分がやったちょっとしたポイントなんですが、

様々な計算式がある為、いちいち付箋で確認していると時間が相当消費されてしまう為、

自分はすべての計算式を一か所にまとめて全部記載しました!

これならどんな計算式でも一目で分かるため、非常に便利です!分かりやすいし◎

 

認定講座・後藤塾

 

「2015 WACA AWARDS もっとも優れた教育を提供したウェブ解析士」受賞

とても実績のある方です。

 

株式会社後藤企画(後藤塾) 代表取締役社長 後藤 高志

新潟県出身、千葉県育ち。 1997年頃からウェブ業界に関わり、主にサイト設計から制作まで携わる。 その後、株式会社イーエージェンシーにてサイト設計、ディレクション業務に関わり、ウェブ解析士講座を立ち上げた株式会社環にてコンサルティング業務に従事。
2014年独立、それまでの経験を生かしウェブマーケティング業務に従事。 ウェブコンサルタントとして案件に従事、運用アドバイスを行う傍ら、ウェブ解析士マスターとして講座を開講、講師として後進の指導を行う。

 

認定講座は自分が受けたものは10:00~17:00(途中1h休憩)

グループワーク形式で受講者同士話し合い、回答していくといった形式なので、
初めは少し戸惑いましたが実際にやってみると楽しかったですw

基本的に一人でもくもくと小難しい文章と向き合いっこだった勉強から一転、
自分一人では考えつかない視点からの意見も出てくるため、非常に新鮮で勉強にもなります◎
おススメです◎

内容は公式テキスト本の内容に沿って全体的なまとめみたいな感じでした。
そこにプラスして、講師である後藤さんの実際に経験された実例を交えて話される為、分かりにくい事が全然なく、スっと頭に入ってきます。
流石「最も多くの解析士を育てられている方」|д゚)

 

試験後の認定レポート

 

実は無事試験に合格してもまだやることがあるんです!

試験合格後から2週間以内に認定レポートを提出する

レポートを提出しないとどうやら再試験になってしまうみたいです;
自分は合格後すぐ作成・提出しました!

 

つくね
ほうお前にしてはようやったな(`・ω・´)

認定レポートについてもまた改めて記事を書くので是非ごらんください◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください