YOUNG JUMP COMICS

【漫画感想】黒鉄のヴァルハリアン 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:松原利光
  • 出版:集英社
  • 発売日:2021/10/19
初めに

異世界剣劇アクション!

ワルキューレに召喚された英雄たちは、死戦死となりヴァルハラにて激突する!

あらすじ

鎌倉武士・相馬鉄二郎は、気が付くと見知らぬ場所にいた。

鉄二郎を連れてきたという少女・フリストは自らをワルキューレと名乗る。

この地は、死んだ戦士の魂が集う館・ヴァルハラだとフリストに告げられる鉄二郎。

ここヴァルハラで、鉄二郎は様々な時代の死戦士たちと戦うことに…

感想

大迫力の戦闘シーンが凄い!!主人公の戦闘シーンで技を放つ演出がかっこよすぎます!

主人公・相馬鉄二郎は死んだ時に、ワルキューレ・フリストによって召喚。死戦士となり復活した状態で物語が始まります。

舞台はヴァルハラ。そしてヴァルハラを支配しているのがワルキューレ・カーラです。

カーラはローマ人の死戦士の軍を使役し、ローマの支配者・クラックスを配下にしています。

ローマ軍は容赦なしの軍隊。ヴァルハラの先住民であるミズカルズ人。男は殺し、女は攫う。

このミズガルズ人の生き残りを守ろうとするのが、鉄二郎を召喚したフリストです。

鉄二郎はなんとか生き返る方法を探ろうとしますが、ミズガルズ人を救うためフリストを協力する事を決意。

死戦士は不死身です。しかし、頭を切り取る事で再生が出来なくなる。完全不死身じゃないのは面白いですね。

自身を召喚されたワルキューレを殺されたことで「野良」となった死戦士の存在も登場。

この野良死戦士もカーラを倒すことを目的としています。そしてその野良として登場したのが、三国志の武将・関羽。

超有名武将の登場はテンションあがります!次巻にはモンゴル王のフビライ・ハーンも登場する模様!明らかに敵の見た目ですが野良なので味方?

大迫力の戦闘シーンに、実在した有名な英雄たちの登場。そして北欧神話の世界観。2巻が待ち遠しい!アクション漫画好きな方にオススメです!今後盛り上がること間違いなし!

  • 大迫力の戦闘シーン
  • 実在した英雄が登場
  • 北欧神話を扱ったストーリー