JUMP COMICS PLUS

【漫画感想】怪獣8号 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:松本 直也
  • 出版:集英社
  • 発売日:2020/12/4
初めに

ジャンプ+史上最速!累計1,000,000部突破!

怪獣VS怪獣。ジャンプ+が贈る。新・怪獣譚!

あらすじ

怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。

かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。            

ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化。怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

感想

読みやすい!ヒーロー漫画って印象でした。

戦闘描写の迫力が凄い。絵柄もとても見やすいです。

カフカは32歳。怪獣を撃退する防衛隊員を目指していたけど、挫折して怪獣の清掃員の仕事をしています。

主人公の年齢が、少年漫画の設定では珍しいですね。でもこのカフカは凄く魅力的な主人公なんです。

怪獣を飲み込んだ事で、自信も怪獣になってしまう。変身した怪獣の見た目が厳つい、でも中身は優しいというギャップ!そしてめちゃくちゃ強い!

怪獣の能力を得てからの怒涛の展開…!一気に物語に引き込まれました。

そして仲間のキャラクター達も魅力的です。

カフカと同じく防衛隊員を目指す市川レノ。始めて、カフカの変身能力を知った人間。

最初生意気と思っていたけど、本気でカフカの秘密を守ろうとする良いやつです。

金髪ツイン。天才少女の四ノ宮キコル。テンプレなツンとした感じと思いきや、自身を犠牲にしてでも仲間の為に行動する。

そしてカフカの幼馴染であり、日本防衛隊の亜白ミナ。カフカが32歳にして防衛隊員を目指した理由の存在。関係性が好きです。今後の展開が気になります!

テンポ良く進む物語。怪獣から人々を守るシンプルな設定。身体強化、シールド付きの強化服。

ワクワクする世界観で面白いです!

  • 迫力ある戦闘
  • キャラクターが魅力的
  • 人類VS怪獣
  • 主人公が怪獣へ変身する