JUMP COMICS PLUS

【漫画感想】怪獣8号 2巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作 :松本 直也
  • 出版 :集英社
  • 発売日:2021/3/4
初めに

ジャンプ+史上最速!累計1,000,000部突破!

怪獣VS怪獣。ジャンプ+が贈る。新・怪獣譚!

あらすじ

防衛隊員選別試験の最終審査が終了。

しかしその時、謎の人型怪獣が討伐したはずの本獣を蘇らせ、四ノ宮キコルら受験者たちに襲いかかる。

絶体絶命…そこに怪獣に変身した日比野カフカがキコルの前に現れる…!

果たして人型怪獣の正体とは…?そしてその目的とは…?

感想

王道です…!ピンチの時に現れるヒーロー!

カフカが怪獣に変身できる事を知ったキコル。レノと合わせて2人目です。

そんなキコルのピンチの時に現れたカフカはかっこよすぎました!

カフカと同じく人の姿から怪獣になれる者の存在。凄く好戦的で人類の敵です。

この謎の人型怪獣。ついに今度はレノの前に現れます。この絶対絶命のピンチにカフカがまた登場!

王道だけど、やはり盛り上がる展開。カフカVS人型怪獣は次巻に持ち越し…はやく読みたい!

1巻の頃より登場人物が増え、メインキャラ達はさらに魅力的になってきました!

謎の強敵の登場。そして防衛隊員はやはり強いんだ…と思わせる隊長、副隊長の専用装備の登場。

またまた盛り上がる第二巻でした!

  • 迫力ある戦闘
  • キャラクターが魅力的
  • 人類VS怪獣
  • 主人公が怪獣へ変身する