映画感想

【映画感想】孤狼の血【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:白石和彌
  • 出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、他
  • 日本公開日:2018年5月12日
初めに

柚月裕子による全3作ある長編警察小説の第1作『孤狼の血』を映画化。

広島を舞台に暴力団組織間の激しい抗争を描く。

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。

所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。

常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化していく。

感想

ハードな描写で描かれるヤクザ映画です。かなり面白い!

捜査の為なら違法行為ためらわない刑事・大上章吾(役所広司)と真面目な広島大学卒業生の新人刑事・日岡秀一(松坂桃李)

この二人がコンビを組み、暴力団関係の捜査を行いますが、超アウトローな大上と真面目な日岡。この正反対のコンビが面白い!

捜査の為なら放火までする大上。批判的な目で大上を見る日岡ですが、物語が進むにつれて大上を理解していきます。

裏切りが多発する物語の中で、大上と日岡の関係性が物語のクライマックスを盛り上げてくれました!

後半の怒涛の展開は本当に盛り上がりました!役所広司と松坂桃李の演技力に脱帽です。

残酷表現の描写に気合入ってますね。なので目を背けたいシーンもあります。しかし物語の展開が非常に素晴しいのです。邦画の中で最高峰の作品でした!

  • アウトロー刑事と真面目な刑事のコンビ
  • 暴力団同士の抗争
  • 誰が裏切るか…読めない展開