GARDO

【漫画感想】黒の召喚士 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:迷井 豆腐
  • 作画:天羽 銀
  • キャラクター原案:黒銀(DIGS)
  • 出版:オーバーラップ
  • 発売日:2018/6/25
初めに

小説家になろう発!

異世界転移漫画です!

黒衣を纏う戦闘狂と、彼の召喚により集いし配下達が紡ぐ爽快バトルファンタジー!

あらすじ

厳正なる抽選の結果…異世界転移する権利を得ました。

日本から転生した男性は、ケルヴィンとして異世界転移した。

転移時に、自分の記憶を代償にしてまで理想のスキル構成を実現させたケルヴィン。

ケルヴィンは最強の召喚士として冒険を開始する。

感想

主人公が強い系です!

スキルを入手する事で記憶を代価にしていますが、サクサクと世界に順応していきます。

しかも、ケルヴィンは戦闘狂で強者との戦闘を求めて行動しています。

プレイヤーキルをしてレベルを上げている冒険者などの悪は、容赦なく殺す!

躊躇ない主人公は好きですね!戦闘は魔法主体で迫力あります。

そして職業が召喚士なのでモンスターと契約しますが、モンスターも成長して凄く強くなる。

主人公の成長と使役するモンスターの成長、そして連携しての戦闘が楽しめました!

続々と仲間も増えます。どこまで強くなるのか楽しみですね!

  • 主人公が強く戦闘狂
  • 魔法戦闘
  • 仲間と共に成長する