GARDO

【漫画感想】黒の召喚士 6巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:迷井 豆腐
  • 作画:天羽 銀
  • キャラクター原案:黒銀(DIGS)
  • 出版:オーバーラップ
  • 発売日:2020/3/25
初めに

小説家になろう発!

異世界転移漫画です!

黒衣を纏う戦闘狂と、彼の召喚により集いし配下達が紡ぐ爽快バトルファンタジー!

あらすじ

トライセンからエルフの里を守った事で、ケルヴィンは獣国の王レオンハルトからS級冒険者と認められる。

S級への昇格を記念として昇格式に参加する事となるケルヴィン達。

数年に一度あるかのS級の誕生。国を挙げての昇格式では、S級同士の模擬戦が計画されていた。

感想

新キャラクターが大量に登場します!

S級冒険者も登場!まず最初に登場するもが「桃鬼」の二つ名を持つゴルディアーナ。

ゴルディアーナは見た目がとんでもなくインパクトありますが…めちゃ強いです。

そしてケルヴィンの対戦相手となるのが「氷姫」シルヴィアです。

模擬戦の前に酒場でシルヴァの仲間と一波乱あった事もあり、ケルヴィンVSシルヴィアはバチバチ!

模擬戦は死亡回避の魔法が使用されていますが、シルヴィアはケルヴィンを殺す気まんまん!笑

めちゃ良い所で終わる6巻。次巻で二人の戦いは決着するのか!?

  • 主人公が強く戦闘狂
  • 魔法戦闘
  • 仲間と共に成長する