GARDO

【漫画感想】黒の召喚士 7巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:迷井 豆腐
  • 作画:天羽 銀
  • キャラクター原案:黒銀(DIGS)
  • 出版:オーバーラップ
  • 発売日:2020/7/25
初めに

小説家になろう発!

異世界転移漫画です!

黒衣を纏う戦闘狂と、彼の召喚により集いし配下達が紡ぐ爽快バトルファンタジー!

あらすじ

『氷姫』シルヴィアとの模擬戦が開幕し激闘が始まる。

S級同士の魔法バトル。一進一退の攻防を繰り出す二人。

冒険者の頂点同士の戦いの中、ついにシルヴィアはS級魔法を放つ。

感想

冒頭からケルヴィンVSシルヴィアの熱い戦いが開始されます!

シルヴィアは流石S級ですね。めちゃ強い!

戦闘経験の差でケルヴィンを押していきます。しかも固有スキルが魔法無効化…本人も強いのにスキルがチート!

どっちが勝つかのか…この死闘は迫力あって面白かった!模擬戦とは…笑

そしてトライセンが東大陸、全ての国に対して宣戦布告します…トライセンの軍事力が強すぎますね。

次巻はS級冒険者となったケルヴィンが、トライセン軍を迎え撃ち展開になりそう!

  • 主人公が強く戦闘狂
  • 魔法戦闘
  • 仲間と共に成長する