GARDO

【漫画感想】黒の召喚士 9巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:迷井 豆腐
  • 作画:天羽 銀
  • キャラクター原案:黒銀(DIGS)
  • 出版:オーバーラップ
  • 発売日:2021/3/25
初めに

小説家になろう発!

異世界転移漫画です!

黒衣を纏う戦闘狂と、彼の召喚により集いし配下達が紡ぐ爽快バトルファンタジー!

あらすじ

ケルヴィンVSアズグラッド。二人の戦闘狂の熾烈な戦いが続いていた。

飛行形態へと変形したスライムクロトにケルヴィンが騎乗し、アズグラッドが操る古龍ダハクとの空中戦を繰り広げる。

一方、トライセンの本国では、将軍トリスタンが陰謀を巡らしていた…

感想

アズグラッド戦闘は今巻で決着します。トライセン最強の竜騎兵団との事だけど、以外にあっさり終わりましたね。

数時間の戦いでしたが、描写はあっさりでした。アズクラッドの槍には制限があって、それを途中で解放する事になるんですが、これまたあっさり。

ちょっと物足りないアズグラッド戦でしたが、今巻で新たに仲間が加わります!まだまだ強くなるケルヴィン達。

トライセン内部で、ゴタゴタがありどうやら裏で誰かが何か企んでいる様子…魔王なのか?続きが気になります!

  • 主人公が強く戦闘狂
  • 魔法戦闘
  • 仲間と共に成長する