ファンタジー

【漫画感想】黒鳶の聖者 ~追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める~ 1巻【ネタバレ有り&無し】

作品紹介

自信の戦闘力の低さから、家族のように接してきた仲間達からパーティを追放されてしまう。

勇者になれなかった少年が、禁忌の闇魔法で最強を掴む英雄譚!

高い画力で描かれるパーティー追放&ファンタジー漫画です!

作品情報

漫画佐和井ムギ
原作まさみティー
キャラクター原案イコモチ
出版オーバーラップ
レーベルCOMIC GARDO
発売日2022/1/25

あらすじ

【勇者】になることを夢見て幼き頃から努力をしてきた少年ラセル。

しかし、女神から与えられた職業は回復魔法の最高職【聖者】であった。

ラセルは、家族と同様に接してきた幼馴染たちとパーティーを結成し冒険を始める。

サポート役として活躍するラセルだったが、パーティーメンバーのレベルが上がるにつれて、それぞれが回復魔法を覚えてしまう。

自力で回復魔法を覚えた事で戦闘力が無く、回復魔法しか使えないラセルはパーティーを追放されてしまう…

失意のまま帰郷するラセル。辿り着いた故郷の村アドリアにダンジョンが出現。

ダンジョンが及ぼす危害から村人を守る為、ダンジョン攻略を決意するラセルの前に一人の女性冒険者・シビラが現れる。

主要登場人物

ラセル
【聖者】最上級職。主人公。
ヴィンス》 
【勇者】最上級職
エミー》 
【聖騎士】最上級職
ジャネット
【賢者】最上級職
シビラ》 
【魔導士】

用語集

職業(ジョブ)
女神の選定式で与えられる
聖者
聖女の男性職。
全ての神官の上に立ち、どんな怪我や病も癒す回復魔法のエキスパート。
ダンジョンメーカー
ダンジョンを生み出す者。別名魔王

感想(ネタバレ無し)

主人公ラセルは回復魔法のスペシャリスト!しかし戦闘力が無いのでパーティを追放されてしまいます。

復讐系ではありません。しかし、家族同様の幼馴染たちから捨てられた事、望んだ【勇者】ではなく【聖者】を与えられた事が追放された原因だと、女神を嫌いになってしまうラセルは、失意の中で闇堕ち…程ではありませんが、雰囲気が変わってしまいます。

しかし、病に侵された人を回復魔法で助けたりと優しさは捨てていない。好感が持てる主人公です!

シビラの登場

帰郷したラセルが出会う女性冒険者・シビラ。この新たな出会いでラセルの運命が全て変わる!

ラセルは後衛に徹していたけど実は剣が扱えたり、【聖者】という職業が実はチート級の魔法を扱える事が判明したりと、シビラの知識のおかげで次々と【聖者】の強力な能力が判明していきます!

物語が進むにつれて無能だと思われてた主人公が実は凄かったと判明する展開は、やはりワクワクしますね!

まとめ

さらにラセルは闇魔法を取得し…ダンジョンに異変が起こったり、魔王の存在が明らかになったりと、後半は怒涛の展開です!

まだまだ序章。今後のラセルの成長が楽しみ!

後半の怒涛の展開や、シビラについて、そして何故ラセルはパーティから追放されたのか?下記にネタバレ有り感想で記しています!

ブログ内関連リンク

感想(ネタバレ有り)

ラセルがパーティを追放された理由が、まさかのヴィンスの嫉妬が原因でした…。

ヴィンスは【勇者】の職業を得ましたが、幼少の頃はラセルに剣術で負かされていて気に食わなかったみたい。

さらに下心が強い性格で、エミー、ジャネットに告白する始末。二人と一緒居たいが為に、ラセルが邪魔だった。かなりのクズです!!

シビラの正体

追放されたラセルが出会ったのがシビラ。このシビラがなんと…実は女神でした!!!しかも皆がたたえる太陽の女神ではなく、宵闇の女神で邪神とも呼ばれる存在。これは予想できなかった展開…!

ダンジョンを探索中に、魔界と呼ばれる最下層に到達してしまったラセルとシビラ。

最下層に居たのは魔王で、勇者パーティを狙っている危険な存在です。魔王は、最上級の魔物・ファイアドラゴンを召喚し、二人の前から姿を消す。

ファイアドラゴンに苦戦するラセル。そこでシビラが自身の正体を女神だと明かし、ラセルに究極の攻撃魔法である闇魔法を与える展開になります。

ラセルは回復+闇魔法+剣術というかなりのチートな存在になりました!

今後、成長したラセルが勇者パーティを助ける展開になりそう!ヴィンスは最低なヤツだけど、エミーに関しては別れたことを後悔しているし…ラセルとの再会でどうなるのか気になりますね。