GC ONLINE

【漫画感想】魔界帰りの劣等能力者 2巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:たすろう
  • 作画:鳥飼やすゆき
  • キャラクター原案:かる
  • 出版:スクウェア・エニックス
  • 発売日:2021/11/11
初めに

最弱にして魔神殺しの少年は無双する…!

美麗なイラストで描かれる劣等×最強の異能アクション漫画です!

あらすじ

落ちこぼれ異能者の堂社祐人。

しかし、世界能力機関のランク試験では、剣聖とも互角に渡り合う戦闘センスを見せ、ランク取得を果たした。

剣聖が去った後の会場に強大な能力を持つ魔人クラスの吸血が急襲し、参加者たちに襲い掛かる。

感想

残念ながら最終巻です。ずっと2巻を楽しみにしていただけに残念。

原作付きの作品で、画力も高かったのでもっと読みたかった!

さて最終巻となる第2巻ですが…会場に現れた吸血鬼。祐人が瞬殺する展開かと思いきや…強いぞ吸血鬼!

心を読むサトリ能力を持つ吸血鬼。これにより祐人の過去が少し明らかに…これまた気になる設定が出てきました。

祐人が劣勢の中、他人の記憶から己が消える代償がある「仙道」をついに使います!めちゃくちゃ強い!リスクが高いだけに圧倒的です。

今巻は吸血鬼戦をメインに描いています。一応綺麗に最終話に繋がていますね。まさかの新たな仲間も登場!?

2巻で完結という残念な結果になりましたが、続きが漫画化される事に期待したいですね!

  • 実は強い主人公
  • 登場キャラクターが魅力的
  • 程よいコミカル要素
  • キャラクターの表現が良い
  • 圧倒的画力