GCUP!

【漫画感想】世界でただ一人の魔物使い 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:筧 千里
  • 作画:堂島ノリオ
  • 原案:hu-ko
  • 出版:スクウェア・エニックス
  • 発売日:2019/4/12
初めに

元カンスト勇者がスローライフを目指して転職する!?

ビーストテイマー系のファンタジー漫画です!

あらすじ

全ての人間は15歳になると天から職業を与えられる。

ノア・ホワイトフィールドは天職「勇者」を与えられた。

勇者とは魔王を倒す事を使命とし、世界にたった一人しか存在しない職業である。

しかし、ノアは静かに暮らしたいが為に自分の天職を「村人」と偽り、父親に役立たずと罵られながら生活していた。

そして勇者の天職を捨てる為にノアは旅に出る。

5年の年月を経て、ついに転職の書を探しだす。その時ノアは勇者レベル99…レベルカンストまで到達していた。

天職の書を手にした時、勝手に書が動き出しノアは「魔物使い」へと転職してしまう…

感想

主人公強い系です!魔物使いへと転職した事でレベル1になりますが、勇者レベル99は引き継いでいるので、世界で唯一のカンストレベル以上に成長できる状態です。

しかも魔物を瀕死にし、名前を付ける事で使役する事が出来ます。

静かに暮らしたい主人公なんですが、敵対する相手は殺す事を決めていたりと、自分の意志が明確な所が良いですね!

使役した魔物は主人公と会話できる用になるので賑やかで楽しい…!

モンスターテイマー系で主人公も凄く強い…安定した面白さでした!これからもっと仲間が増えると思うので楽しみです!

作画は可愛らしい感じなんですけど、戦闘は迫力あるし、戦闘時のキャラクターの表情が好きですね!次巻も期待です。

  • 主人公が強い
  • 能力がモンスターテイマー
  • 増える仲間達