ザケル!!目指すはやさしい王様「金色のガッシュ!!」

言わずとしれた名作少年コミック!

何だかんだと完結してから10年近くたっている本作!

最近読み直してみたのですが、やはり胸熱くなり、ホロリとくる展開で一気読みしてしまいました。(´;ω;`)
ホント名作は色褪せない!

 

 

胸熱くなる台詞と描写!

シリアスとギャグパートのメリハリが際立ち、ギャグシーンに関しては下手なギャグ漫画よりも全然面白い!
(作者、雷句誠さんのあとがき漫画や、巻頭4コマもついつい読んでしまいますw)

しかもバトルシーンは迫力ある力強い描写で、目が離せません。身体全体、目から感じる絵の力強さ!!

それもそのはず、本作の作者雷句誠さんは、
あの名作うしおととらの藤田和日郎さんの元でアシスタントさんなんです!

うしおととらをご存知の方は感じるかもしれませんが、やはり藤田和日郎イズムというか、作品から発する力強さや熱が似ています☆
なのでうしおととらが好きな人はかなり好みなはず‼️

 

「魔界の王となるべく、人間界に送られた100人の魔物でお互いの本を燃やし、生き残ったものが王様」
という分かりやすいストーリー設定。

シンプルだからこそ、ストーリーに入りやすいです。
また魔物とそのパートナーの関係性も非常に魅力的で、それぞれの組み合わせに信念、目的があり、ストーリーを通して成長が見られる描き方になっています。

 

 

出会いがあるから別れがある(見出し)

戦いは最後の一人になるまで終わらない。
パートナーとの別れは必ずくる。

本作品の見所は多数あるのだが、その中でも
やはり各魔物の退場シーンは外せません。

 

ギャグパートやのほほんとした話とシリアス部分のメリハリが効いてる為、
不意にくる別れに
余計に「え?こいついなくなっちゃうの⁈」って悲しくなります。。(´;ω;`)うっ

ちなみに本が燃やされても魔物は死ぬ訳ではなく、魔界に帰ってしまうという点。
基本的に死人はでません!

生きるか死ぬかの焼け付く様な感覚は薄いですが、
ターゲットの年齢層を考えると納得ですね。

初めは敵として登場するキャラクターも、後半は味方になる少年漫画の王道もしっかり抑えています。
こーゆーのって分かってても、胸が高鳴りますよねw

 

高嶺清麿とガッシュの関係

ガッシュ・ベルのパートナーは「超」が天才中学生・高嶺清麿(たかみね きよまろ)。

物語当初は天才すぎるが為に周りから煙たがられ不登校気味で人生に退屈していた清麿。
だがどこまでも真っすぐな心のガッシュと出会い、次第に変化し成長していく。

第1話、中学校屋上にてガッシュを助けに来ない清麿を罵倒する台詞に激高するガッシュ。

「清麿が変わったんじゃない!!!清麿を見る友達の目が変わったんだ!!!」

まさしくその通りだった。

しかも出会った間もないガッシュにここまで分かって、ここまで怒れるって素敵(*´з`)
清麿は元々IQはす凄く高いケドそれを鼻にかけて嫌な態度を取っていた訳でもなんでもないんだよなー
本当に清麿の秀才ぶりに周りが勝手に見る目を変えて、不登校に追い込んでいたから。

会って間もない奴にここまで言ってもらえたらそりゃあジーンと来るはず(´;ω;`)ウッ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください