映画感想

【映画感想】マスカレード・ホテル【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:鈴木雅之
  • 出演:木村拓哉、長澤まさみ、松たか子、生瀬勝久、他
  • 日本公開日:2019年1月18日
初めに

東野圭吾の長編ミステリー小説。「マスカレード」シリーズの第1作目を映像化。

潜入捜査官×ホテルマン 正反対のコンビが連続殺人事件に挑む。

連続殺人…次の殺人予告は、一流ホテル。

全員を疑え。犯人はこの中にいる。

あらすじ

不可解な暗号が事件現場に残される殺人事件が3件発生する。

暗号を残す手口から3件の事件を連続殺人と認定。

数字の暗号を解読した捜査本部は、次の第4の殺人は一流高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。

第4の事件を防ぐ為に、フロントスタッフやベルボーイに捜査官が扮して、ホテルでの事件を未然に防ぎ、犯人確保を目指す。

感想

誰が犯人で、誰が標的なのか…全てが謎の中で正反対のコンビが活躍するミステリー映画です!

主人公の新田浩介(木村拓哉)は、アウトローというか、上司に従うんだけどちょっと反発したりする優秀だけど問題児みたいな刑事。

そんな新田の相棒となるもう一人の主人公。山岸尚美(長澤まさみ)はホテルのフロントクラークで新田の教育係です。

新田が犯人にばれないようにする為には、ホテルのフロントスタッフとしてのマナーを取得する必要があり、山岸の指導を受ける事になるのですが…

この新田と山岸の正反対コンビが見ていて面白い!最初は本当に仲が悪い。しかし、様々な問題客が現れそれに柔軟に対応する山岸を目の当たりにする事で、新田は段々とホテルに来場する客に対しての態度や姿勢が変わっていく。

最初は、最悪のコンビだったけど、物語が進むにつれて協力し合う中に。そんな成長していくW主人公を主体に様々な客を相手に犯人捜しをするのが、今作の見所になります。

犯人捜しのミステリー展開だけでなく、ホテルの客に対してのサービス。そしてトラブル時の対応が見れるのも面白いですね!

正直、怪しすぎる登場人物が一人いるので、犯人の予想は出来るかもしれません!

9/17に続編の『マスカレード・ナイト』が公開されます。今作『マスカレード・ホテル』の続編で新田と山岸も続投しますので、新作気になる方は、今作の視聴をおすすめします!

  • W主人公
  • 正反対のコンビ
  • ホテルが舞台の潜入捜査
  • 豪華なキャスト