ZENON

【漫画感想】魔女大戦 32人の異才の魔女は殺し合う 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:河本ほむら
  • 作画:塩塚誠
  • 出版:コアミックス
  • 発売日:2021/6/18
初めに

『終末のワルキューレ』公式ライバル!

原作は『賭ケグルイ』の河本ほむら。

古今東西の女傑たちが、己の『欲』を賭け殺しあう。

あらすじ

フランスを救った奇跡の英雄ジャンヌ・ダルク。火刑に処された彼女は死の間際、別世界へ飛ばされる。

その世界にいたのは歴史に名を刻む「魔女」と呼ばれし32人の女傑たちであった。

全ての「魔女」が揃いし時、互いの欲を賭けた殺し合い、魔女千年血戦の開幕が悪魔女王により告げられる。

第一回戦。《最強の女武者》巴御前VS《血の伯爵》エリザベート・バートリー。最初の殺し合いが始まる。

感想

まさかの公式ライバル認定です!

『終末のワルキューレ』のように一対一のタイマンバトル!しかし、トーナメント形式なので32人の内生き残るのは一人です。そして全員が女性なので区別化はされています!

優勝者には自信の「欲」が悪魔女王によって叶えられますが、負けたら輪廻の輪から外れ完全に消滅するリスクが…

魔女に与えれた能力は二つ。強力な攻撃「魔法」、自身に装備する「魔装」です。

これがバトルを盛り上げる大きな要素!「魔法」は必殺技でド派手で強力。「魔装」は見た目の変化と武器が出現します。そして己の欲により能力が決定する事で、キャラクターのバックストーリーが説明され、キャラに深みが出るのが良いですね。

参戦キャラクターのバックストーリーの説明は『終末のワルキューレ』と共感できますね!

一回戦は巴御前とエリザベス。正義の味方VS拷問好きサイコキラーです。画力が凄く高いので初戦から大迫力の試合!血は勿論出るし、欠損もありまさに死闘。戦闘描写も凄く良いけどキャラクターの表情が最高!

ファンタジーよりの戦闘です。大量の武器を操作したり、一撃の火力が高い技を出したりと…圧倒的な画力で描かれる戦闘は見ていて凄く楽しい。

どっちが勝つかわからない!このトーナメント、生き残るのが一人なので、好きなキャラクター、応援したいキャラクターが出来ると中々辛い展開になりそう…でもそこが面白いポイントですね!この漫画おすすめです!

  • 『終末のワルキューレ』公式ライバル
  • 全員女性。一対一のタイマンバトル
  • 32人トーナメント。負けたら消滅
  • 圧倒的画力で描かれるキャラクター、戦闘描写
  • 「魔法」と「魔装」を駆使した大迫力の戦闘
  • テンポが良い