格闘 / バトル

【漫画感想】魔女大戦 32人の異才の魔女は殺し合う 1巻【ネタバレ有り&無し】

作品紹介

《古今東西の女傑たちが、己の「欲」を賭け殺しあう》

原作『賭ケグルイ』河本ほむら。『終末のワルキューレ』公式ライバル!

32人のデスマッチトーナメント開幕!タイマンバトル漫画です!

作品情報

漫画塩塚誠
原作河本ほむら
出版コアミックス
レーベルZENON COMICS
発売日2021/6/18

作品評価

2022年6/23日時点の評価です。

むびこみ評価
★★★★☆(4)
ストーリー……B
キャラクター…B
画力……………A
没入感…………B
【S(最高)A(満足)B(良い)C(普通)】

Amazon(アマゾン)
《世界No.1のオンラインショップ》
★★★★☆(4.0)
レビュー数:236件

eBookJapan
《日本最大級のマンガ(電子書籍)販売サイト》
★★★★☆(4.0)
レビュー数:26件

あらすじ

フランスを救った英雄ジャンヌ・ダルク。戦いの果て…彼女は異端の罪により火刑に処された。

しかし…死の間際、ジャンヌ・ダルクは別世界へ飛ばされる。

その世界にいたのは歴史に名を刻む「魔女」と呼ばれし32人の女傑たちであった。

「魔女」を集めたのは、悪魔女王アグラット・バット・マハラット。

悪魔女王の宣言により、互いの欲を賭けた殺し合い、魔女千年血戦(ヴァルプルギス)が開幕する。

第1試合…《最強の女武者》巴御前 VS《血の伯爵》エリザベート・バートリー…開幕!

主要登場人物

悪魔
アグラット・バット・マハラット
万物を超越する悪魔女王
魔女千年血戦(ヴァルプルギス)創始者
魔女
ジャンヌ・ダルク
無欲…?
マリー・アントワネット
「純」の魔女 / 君臨欲
巴御前
《最強の女武者》
「豪」の魔女 / 悪滅臨欲
エリザベート・バートリー
《血の伯爵》
「血」の魔女 / 嫐欲

トーナメント表

全体図

第1試合~第4試合

感想(ネタバレ無し)

敗北、即死のデスマッチトーナメント!

『終末のワルキューレ』の公式ライバル認定されたタイマンバトル漫画です!

戦闘描写のクオリティが高く、キャラクターの表現力もとても良い!バトル漫画でこのクオリティは最高。

32人のトーナメント形式。参加者は全員が女性で、偉業を成した特別な人間が集められています。

ストーリーはシンプルでテンポも良くサクサク読めます。

第1巻では、参加者の魔女たちに与えられた力の説明やトーナメントの説明があり、さっそく第1試合が始まります!

以下、序盤のネタバレ有りです。ご注意下さい!(重要なネタバレは無し)

32人参加のデスマッチトーナメント

本作のトーナメントの名称は、魔女千年血戦(ヴァルプルギス)悪魔女王が主催です。

優勝者には不老不死、金銀財宝、歴史改変など、自身の「欲」が悪魔女王によって叶えられる。

勿論リスクもあります。敗者は即消滅。

この世界は、死ぬと新たな生命へと生まれ変わる輪廻の輪があり、魔女千年血戦(ヴァルプルギス)で敗北すると、輪廻の輪から外れ完全に消滅。永遠の死となる…。

自分以外の相手を全員殺せば「欲」が叶う…シンプルなルールだけど、32人参加トーナメントの優勝はかなりハードルが高い。誰が優勝するのか…その予想が楽しい!

「魔法」と「魔装」

魔女に与えれた能力は二つ。

自身に装備する欲を武器とし、鎧とする戦闘装束「魔装」と、魔女の秘中の秘…欲が力となる「魔法」です。

これがバトルを盛り上げる大きな要素で「魔装」は見た目の変化と武器が出現。「魔法」は必殺技でド派手で強力!

キャラクターの欲で能力が決まってるので、個性が出ます。自身の欲で戦うのが本作のポイントです!

最強の女武者 VS 血の伯爵

第1試合は巴御前 VS エリザベート・バートリー。

巴御前は、平安時代。源氏VS平民…源平合戦の場に存在した最強の女武者。

対して、エリザベート・バートリーは貴族でありながら、拷問で650人もの人間を権力を利用し、殺しに殺しまくった残虐な大殺人鬼。

巴御前は見た目が武人で強そう感が伝わってきます。エリザーべートは華奢なお嬢様…でも強い!サイコキラーって感じです。笑

明かに戦闘力が無さそうなキャラクターも「魔法」と「魔装」があれば戦える。欲の強さで、キャラクターの強さも決まる。それが本作のバトルです!

まとめ

画力が凄く高いので初戦から大迫力の試合!まさに死闘。

キャラクターの個性でもある「魔法」と「魔装」がバトルを盛り上げる!キャラクターの見た目をガラッと変える「魔装」はデザインが良いし、「魔法」は迫力が最高!

大量の武器を操作したり、一撃の火力が高い技を出したりと…高い画力で描かれる戦闘は見ていて凄く楽しい。

本作のトーナメントは生き残るのが一人なので、好きなキャラクター、応援したいキャラクターが出来ると中々辛い展開になりそう…でもそこが面白いのがトーナメントバトル!

タイマンバトル漫画が好きな方におすすめです!

巴御前 VS エリザベート・バートリーについてネタバレ有り感想に記載しています!

『魔女大戦』おすすめポイント
  • 一対一のタイマンバトル
  • 女性限定の32人トーナメント
  • 実在した有名な人物が登場
  • 高い画力

ブログ内関連リンク

最強の武芸者勝ち上がりトーナメント!

漫画感想のリンク一覧です!

おすすめ電子書籍サイト

eBookJapan

《日本最大級のマンガ(電子書籍)販売サイト》

eBookJapan

・取り扱い冊数がマンガを中心に80万冊を超え!国内最大級の電子書籍販売サービスです。
・常時2,800冊を超える、無料のマンガをお楽しみいただけます。全巻読み放題有り!
・初回ログインの方限定!最大6回使える!【半額クーポン】配布中!

まんが王国

《圧倒的なポイント還元!国内最大級の電子コミックサイト》

まんが王国

・無料漫画・電子コミックが3000作品以上!
・毎日最大50%ポイント還元
・期間限定最大80%ポイント還元

感想(ネタバレ有り)

ネタバレを含みますのでご注意下さい!

巴御前 VS エリザベート・バートリー

第1試合から白熱の戦い!

エリザベートは、様々な拷問器具で攻撃するスタイルで、「魔法」はなんと空中に浮いた大量の拷問器具を自由に操作する!

対して、巴御前はシンプルな能力で、馬鹿力で薙刀を振り回す!「魔法」は巨大な弓。実はメインウェポンは薙刀ではなく弓!!

さらに薙刀を矢としてセットし発射…!エリザベートの片方の腕が肩ごとえぐられる高威力です!巴御前が脳筋すぎますね。笑

「魔装」で戦闘力を強化し、「魔法」は相手を仕留める必殺技って感じですかね。

作画のクオリティが高く、デザインも良いので参戦キャラクターの「魔装」と「魔法」を見るのが楽しみ!

決着は次巻へ持ち越し。エリザベートの負けかなー。テンポが良いので読みやすかった!次巻も期待!