ZENON

【漫画感想】魔女大戦 32人の異才の魔女は殺し合う 3巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:河本ほむら
  • 作画:塩塚誠
  • 出版:コアミックス
  • 発売日:2021/12/20
初めに

『終末のワルキューレ』公式ライバル!

原作は『賭ケグルイ』の河本ほむら。

古今東西の女傑たちが、己の『欲』を賭け殺しあう。

あらすじ

第二回戦。《救国の英雄》ジャンヌ・ダルクVS《中華史上唯一の女帝》武則天…決着!?

己の「欲」を知った「無」の魔女 ジャンヌ・ダルクの魔法がついに発動する。

そして…第3試合。トーナメント屈指の本命対決が始まり…

第三回戦。《亡国の麗王》クレオパトラVS《日本原初の王》卑弥呼…開幕!

感想

第二回戦が決着します!

武則天はかなり強い。魔法の範囲、攻撃力も高いです。しかし、ジャンヌの魔法がチート級…!!!

ジャンヌは相手の感情を喰い、具象化する事が出来ます。武則天の感情を喰ったジャンヌは、炎を操る!作画が素晴らしいので迫力があります!

武則天の過去の回想があり、感情移入しちゃいますね。しかし…このトーナメントで生き残るのは一人のみ!応援したいキャラクターが居ても一人しか生き残らないのです…しかしこれが魅力な本作。

どっちが勝つか分からない。これが楽しい。しかしジャンヌが主人公ポジションの為、勝つことを予想出来てしまうのが難点ですね。この問題を上手く解消して欲しい所です。

さて、次に始まるのが第三回戦!クレオパトラVS卑弥呼。双方超有名ですね。今回から魔女階位(オッズ)が公表される事になりました。クレオパトラは1位で卑弥呼は4位の頂上決戦!

クレオパトラはいきなり卑弥呼の腕をねじり、開幕から卑弥呼は片腕に…しかし何やら卑弥呼には秘策がある模様。頂上決戦どちらが勝つのか…第3巻が待ち遠しい!!!

  • 『終末のワルキューレ』公式ライバル
  • 全員女性。一対一のタイマンバトル
  • 32人トーナメント。負けたら消滅
  • 圧倒的画力で描かれるキャラクター、戦闘描写
  • 「魔法」と「魔装」を駆使した大迫力の戦闘
  • テンポが良い