世界観が美しいホラー映画。包帯ママと2人の双子がオカシイ!

【グッドナイト・マミー】

あなたはどこまで耐えられるか?!「僕らのママを返して」

 

  • 制作年 : 2014年
  • 上映時間 : 99分
  • 出演 : スザンネ・ベスト,エリアス・シュワルツ,ルーカス・シュワルツ,ハンス・エッシャー

 

※ネタばれ且つ個人的な感想なので暖かい目で見ていただけますと幸いです|д゚)

あらすじ(公式)

 

美容整形により人格まで豹変した母親の正体を疑う双子の少年が引き起こす惨劇を描いたオーストリア製サイコスリラー。2014年のシッチェス・カタロニア国際映画祭ほか、世界各地の映画祭で話題となり、米アカデミー外国語映画賞にエントリーするオーストリア代表作品にも選出された。森と畑に囲まれた田舎の一軒家で母親の帰りを待つ9歳の双子の兄弟。ところが、帰ってきた母親は顔の整形手術を受けており、頭部が包帯でぐるぐる巻きになっていた。さらに性格まで別人のように冷たくなってしまい、兄弟は本当に自分たちの母親なのか疑いを抱くように。そして正体を暴くべく彼女を試しはじめるが、その行為は次第にエスカレートしていく。「パラダイス」3部作などで知られる鬼才ウルリッヒ・ザイドル監督の妻で同シリーズの脚本にも参加したベロニカ・フランツと、彼女と2度目のタッグとなるセベリン・フィアラが共同監督を務めた。母親役に「ザ・ファイト 拳に込めたプライド」のスザンネ・ベスト。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2016」上映作品。

別人?包帯ぐるぐる巻きの母親

 

物語のほぼ全てが、「包帯ぐるぐるママ」「双子の息子(ルーカス・エリアス)」で演じられます!

舞台もほぼ全てが、畑と森に囲まれた静かな一軒家の中で起こり、世界観が非常に静かです◎

だからこそ余計に日常に潜む狂気をじわりじわりと感じる事が出来ます!

まず、メインビジュアル・予告編でも強烈なインパクトを与えている
包帯ぐるぐる巻きの怖すぎる母ちゃん(;’∀’)

自分は予告編もメインビジュアルも本編を見た後に見た為、
本編が始まって母ちゃんが初登場したシーンでは

 

Makoto
「うわぁ。。こえぇええ。出オチか!(。-`ω-)!」

 

ってなりましたw
だって不気味すぎるんですもん。。

家の中も薄暗い感じで、また遠めに見るから目のあたりの表情も暗くて全然読めない;;↓

 

物語前半では、この母親のおかしい行動やヒステリックな言動が目立つ為不信感全開!!

「m9(・∀・)怖すぎる為、通報しました!!」

といっても確かにヒステリックな感じで描かれてはいるんですが、完全に異常を逸しているか?と言われれば、微妙なラインなんですよね。。
子供たちに対しては、確かに厳しい・ヒステリックではあるんですが。

夜、森の中で一人、全裸になり、包帯を外し、激しく首を振るシーン
ここだけ見ると完全にオカルトホラー( ;∀;)↓

カメラがぐるっと正面に回るようなアングルになり「あれ?顔の正面見える?」と一瞬思うのですが、顔が激しくぶれるような演出の為、はっきりとみえません!

 

双子のルーカスとエリアス

 

そして、物語のほぼ大部分を占める「ルーカス」「エリアス」の双子の兄弟!

うん、パット見は、見分けがつきませんw

(どうでも良い事ですが、実は私も一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)という双子で、幼少時は特に見分けが出来なかったらしいですw
大人になるにつれて特徴が出てきますが、そもそもの遺伝子が同じなのでやはり似ています。)

前半までは子供らしく、二人で畑の中で鬼ごっこ、雨の中でじゃれあったり
トランポリンで二人で楽しそうに遊んでいるシーンがあります。

しかし、途中、双子に対して、一人分のジュースしか用意されなかったり母親が「ルーカスに話しかけないで!」等のシーンに違和感を覚えました。

 

Makoto
「ん?」

 

そして双子は母親に違和感を覚え、「あのママは本当のママなのか?」という疑問から、
子供なりに考え、トランシーバーを母親の寝室のベッドの下に設置し、
自室で二人で交代で寝ずの番をしたりするなど警戒し始めます。

 

 

疑問は更にエスカレートして、更に母親をベッドに拘束、拷問していきます。。

 

  • 顔に虫眼鏡で光を収束させ、火傷をさせる
  • 口を接着剤で完全に塞ぐ(ご飯を食べさせようとカッターで切る際に出血;;)

 

ここまで来ると完全に母親との関係性が逆転して、母親がかわいそうになってくるほど;

 

 

そしてエリアスは・・ペット用?の巨大なGをたくさん飼っています(;´・ω・)
結構映像でも出てくる。。(注意)

ネタばれ

 

ルーカスは死んでいる

はい、死んでました。

途中で感じた、「ジュースが一人分しか用意されない」「ルーカスともう話さないで!」あたりから違和感は感じるのですが、

他にも確信的な部分があるのですが、それは

本編中ルーカスと話しているのはエリアスのみ

母親と争っている時も話しているのはエリアスのみ。
募金を求めて、赤十字の二人が家に来るのですが、ここでも会話しているのはエリアスのみ。

絵的には、ルーカスもいて、エリアスと耳打ちしているのですが、ここまでくるとオカシイと感じるはずです。。

(物語序盤では感じれなかった。とユーか双子の見分けがそもそもつかない;w)
途中、「虫眼鏡で虫を焼き殺したり」「母親のお腹を切るとGが噴出してくる夢を見る」等、危ない兆候が見受けられるのも全てエリアス。。

 

恐らく、ルーカスは「事故死」
劇中ではっきりとは描かれていないのですが、それを連想させるシーンがいくつかありました。。

 

  • 冒頭、池でぷかぷかと何かにつかまって浮いているエリアス。
  • 野良猫を母親に殺され(はっきりとそのシーンは描かれていない)、その死体を水槽に投げ込む。

 

母親からしたら、離婚、不慮の事故で最愛の息子を亡くす、自分の顔の整形、エリアスがルーカスの死を受け入れられず日々おかしくなっていく。
挙句にはエリアスに拷問され、エリアスが家に火を放ち二人一緒に死んでしまいます。。

家に放つ直前のシーンで

 

エリアス「お前は本当のママなの?」
母親「そうよ!だからこんな事やめなさい!」
エリアス「じゃあ証明してよ。今ルーカスは何してる?本当のママなら分かるはずだ」
母親「・・・(死んだルーカスが見えるはずがない)」

 

Makoto
「分かる訳ねーよ!だって見えねーよ!!( ;∀;)とツッコミ

 

最後に畑の中で母親・ルーカス・エリアスが笑顔で三人一緒にいるシーンがある。
天国で仲良く一緒に暮らしているのかな。。

(予告編でGが寝ている母親の口の中に入り、「ぼりっ」と噛んでいる音がしますが、
別のシーンが組み合わさってるだけですw)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください