破傷風に感染した少女と家族の物語。渡瀬恒彦主演・邦画の名作

おいで、おいで・・・幼ない娘・・・。彼女はその朝、悪魔と旅に出た。

公開: 1980年
上映時間: 114分
出演: 三好昭(渡瀬恒彦)、邦江(十朱幸代)、昌子(若命真裕子(子役))、小児科医長(宇野重吉)、能勢/昌子の主治医(中野良子)

※ネタばれ且つ個人的な感想なので暖かい目で見ていただけますと幸いです|д゚)

あらすじ(公式)

ある日、マンションの近くで泥んこ遊びをしていた女の子・三好昌子が、落ちていた小さな釘で手にケガをした。よくあるケガだと思い自宅で一般的な消毒などをしたが、数日後に歩き方がおかしいことに気づいた両親・三好昭と邦江が聞いてみると、娘は「歩けるけど、歩きたくないの」と言い、話し方も何かいつもと違う。両親は娘を病院に連れていくが「大したことはない」と診断され、取り合ってもらえない。やがて昌子は痙攣を起こし、自身の舌を噛み切って悶え始めた。大学病院での専門医による検査の結果、昌子は破傷風にかかっていることが判明し、隔離された病室に入院することになった。
数億年前から生き延びてきた破傷風菌は人間の中枢神経を毒素で侵し、潜伏期を経て発症した患者の生還率は極めて低い難病を齎す。父・昭は有史以前の微生物が娘に及ぼす理不尽な災厄に慟哭し、母・邦江は自責の念に錯乱状態となっていく。ちょっとした光や入院している他の子どもの笑い声などでも痙攣などの発作が起こってしまうため、真っ暗な防音された部屋で娘を献身的に世話をする両親は看病疲れにより精神的に追い込まれるが、医師らの必死の治療と両親の献身的な看護により昌子は助かる。意識が戻った昌子に何が欲しいかと尋ねると「チョコパンが食べたい」と答え、身体は闘病で弱っているので主治医・能勢が消化の良い別の物を告げるも尚も昌子は「チョコパンだよー!」と叫ぶ。その声に漸く病室に笑い声が響くのだった。

日常に潜む恐怖

物書きの夫・昭と、ガラス絵作家の妻・邦江、幼稚園児の娘・昌子は千葉の団地住まい。
その日も昌子は一人団地から目と鼻の先にある干潟で泥んこ遊びをしていました。

すると不意に・・

泥の中の何かで指先を切ってしまいます。。(´;ω;`)イタイ
これが原因で昌子は破傷風になってしまいます。。

お子さんによってはここで

「痛ーい!ママー」
と泣きながら家に帰り、すぐ治療・病院などにも行っていれば感染を抑える事も出来たのでしょうか?

今は小さい頃に破傷風のワクチンも打ってもらっていると思うので、また時代も違うんですよねきっと;
ちなみに自分も記憶がなかったのですが、母親に確認したら「打ったよ」との事でした。サンクス母さん(; ・`д・´)

異変

その後昌子は風邪っぽく幼稚園を休む事に。

父・昭は昌子が足を引きずるような歩き方や、ご飯の時にも一向に口を開けようとしない昌子をきつくしかりつけます。

邦江は夫がきつく叱る事によるストレスが原因だと思ったのですが、
その夜昌子は口を血だらけにして体を激しく痙攣させる発作を起こしてしまいます。。

ここまでで冒頭5分程度なのです( ;∀;)
「はやっ。ここから二時間近く病気とずっと戦うのか。。昌子大丈夫かな」と思う俺がいました。

夜中に大学病院に行って診察してもらうのですが、担当した若い当直医の対応がめちゃくちゃ酷かったです;;
「はいはい、こうこうこうだと思うので、大丈夫なのでまた明日来てくださいね、万が一また発作が起きたらまた来てください」的な;

面倒くさがってる様にも見えたし、「万が一また起きたらまた来てね」とか;
そんなの俺は、怖くて帰れないわ;

光も音も遮断・暗闇の病室

その後、小児科医長に改めて診察・検査してもらった結果「破傷風」と診断されます。
脳の病気を心配していました昭は安心しますが、すぐに破傷風の恐ろしさを伝えられ戒められます。。

医長から呼ばれる昭

「大変だよ、覚悟しなよ」

そして昌子は個室で入院する事になります。(個室なのにもしっかり理由があります)

そこはカーテンで外界の光を完全に遮断した暗い病室でした。

音や光などの刺激を徹底的に排除した個室での抗毒素血清治療が必要だったのです。
自分は破傷風についての知識が全くなかったので驚きました。。

 

壮絶な戦い

破傷風に感染した昌子は微量の音や光に敏感に反応して、口から血を流す程強く噛みしめ、小さな身体を大きくのけ反らせ痙攣を頻繁に起こします。

本当に頻繁に起きるんですよ。。それこそ30分おき、数時間おきに。。。
一度、落ち着いた時に他の入院している子供が誤って部屋に入ってきてしまう事が一瞬あったのですが、
それでさえ発作はすぐ起きてしまいます。(気が気じゃない。。)

昌子を担当する事になったのは若い女性医師の能勢(画面中央)

この能勢先生は全編を通して、
毅然とした態度で昭・邦江に接し、何かあったらすぐ駆け付けられるように病院に泊まり込み、確かな知識で献身的に昌子に医療を施します。

この能勢先生なくして、昌子の治療は絶対に無理だったと思います。
昌子の病気の治療は勿論、昭・邦江の精神的な部分においてもすごく重要な存在でした。

精神的に追い込まれる昭・邦江

日に日に悪くなる昌子の病状・一向に良くなる兆しが見えない闘病生活。
(発作・痙攣のシーンが多く描写されているのですが、本当に痛々しくて見ているのがつらくなります。テレビの前でさえ)

泊まり込みで24時間気を張り巡らせてるんだから、精神的におかしくなっても全くおかしくない状況ですよね。
昭・邦江共に疲弊していったのですが、邦江の方が叫びちらし、錯乱状態・鬱になります。

このままでは共倒れになると感じた昭は
「夜は俺。お前は日中看護して、それ以外は家に帰って休もう、それならいいだろう?」と提案します。
(夜の看護は怖いですよね;まだ昼間の方が外には皆がいるし若干精神的に良いかも)

しかし、日中になっても邦江が病室に来なかった為、電話をすると
私いけない。。怖くてドアが出られないの。。
・・気持ちは分からなくもないが、昭がかわいそうだ(´;ω;`)・・!

奇跡の回復

悪夢のような闘病生活が2週間続いたある日、ようやくチューブが外される事になりました(´;ω;`)本当によかったね

正直劇中の病状・症状を見ている限り
これは、助からないの・・かな?・・
と思っていたので、急に回復した様な風に見え、ちょっと面喰いました!が良かった!

 

ここで昌子が久しぶりに言葉を発します。

「チョコパン、食べたい」

号泣(´;ω;`)本当に良かった!

俺「あれ?涙で前が見えないよ」

俺「ぶあっはぁああああぁおぉおおおおお!!(号泣)」

まとめ

ここが良かった!

  • 名作は時代を超越する!心に響く!
  • 能勢先生が素敵◎
  • 名優達の若き姿が見られます!
  • ハッピーエンド!!(基本的に私はバッドエンドの鬱エンドが好きなのですが、これはハッピーエンドじゃなきゃ嫌)
  • 破傷風とはどういうものなのかが分かります。

そして堂でも良い事なのですが、最後の終わり方が急に感じましたw
不意に右下に「完(or終)」って出て終わるよ(=゚ω゚)ノ
今の映画は徐々にフェードアウトしていく感じでなんとなく終わりが感じられるのですが
急に来た感がすごかったw

見た事ない方は是非!名作です!<m(__)m>
(ちょっと怖いかもですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください