シュワルツェネッガーの娘がゾンビに!ホラー映画MAGGIE

「娘として守るのか。ゾンビとして殺すのか。」

  • 原題:Maggie
  • 2014/アメリカ 上映時間95分
  • 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、アビゲイル・ブレスリン、ジョエリー・リチャードソン、ダグラス・M・グリフィン、J・D・エバーモア、ブライス・ロメロ

※ネタばれ且つ個人的な感想なので暖かい目で見ていただけますと幸いです|д゚)

シュワちゃん×ゾンビ映画というだけで興味出てくる設定だとは思いませんか(‘ω’)?
結構前から見たいな―見たいなーと思っていて → カッテニミロヤ!( ‘ ^‘c彡☆))Д´) パーン ゴムタイ!
今回ようやく見れました☆

以前に調べた時に評価が低かった様だったのですが、

そんな事はありません!

確かに派手なアクションはほとんどありませんが、ウェイド(父)マギー(娘)を中心として

親子の事をよく知っているが町を守らなきゃならない警察
義理の母ではあるがマギーの事を愛しているキャロラインなど

登場人物自体も多くはないですが、それぞれの関係性がみてとれました◎

派手なアクションや、元特殊部隊のシュワちゃんが銃乱射で大活躍する映画と
思ってみるとそこは全く違いますw
シュワちゃんもいたって普通のめちゃくちゃがたいの良い渋いおじさんでした(”ω”)

演技が下手といわれる事もある彼ですが、一切そんな事は思いませんでした◎
愛する娘が感染した事に対する事実を受け入れることができず、葛藤に悩まされながらも娘も愛する一人の父親として描かれています◎

あらすじ

ざっと書いてしまいますと、近未来ゾンビになっちゃうウイルスで蔓延してる世界で、ちょっと家出をしたマギーが感染者にガブリ(;´д`)アワワワ
ウェイドが隔離病棟でようやく娘発見家に連れ帰る。(この時点で感染している事は分かっている為、いつ襲われるかも分からない。)
家に連れ帰ったケドマギーは調子悪い、警察が様子を見に来るわ、義母の母親も怖くなって出て行ってしまうわでウェイドはマギーを守る事に大変な毎日。
最終的に、自分の感染がもうどうにもならない所まで来ている事に気づいたマギーはウェイドにお別れのキスをして、家の屋根から飛び終わる。

以下公式のあらすじ

近未来。感染するとゾンビになってしまう謎のウイルスによって世界は崩壊の危機を迎えていた。アメリカ合衆国の田舎町に住むヴォーゲル一家もゾンビとウイルスの恐怖に怯えながら生活を送っていたが、ある日一家の16歳の娘マギーがウイルスに感染していると診断され隔離病棟へと収容されてしまう。だが、彼女の父親であるウェイドはこれを受け入れることが出来ず、隔離病棟へと乗り込み娘マギーを我が家へと連れ帰るのだった。しかし、当然そのような行為が許されるはずはなく、地元警察をはじめとした周囲の人物とウェイドはマギーを巡って対立。ついにウェイドは決断を迫られるのだった。

退廃的な世界観が美しい

2週間探し回ってようやく隔離病棟でマギーを発見するウェイド。
このとき医師から既に感染している事実が伝えられている。
おぉぉ娘よ(´;ω;`)ウッ…

モリ―(天使・義理妹)

モリ―(天使・義理妹)

ボビー(イケメン義理弟)

ボビー(イケメン・義理弟)

マギーが家に帰るも義理兄弟のボビー・モリ―は危ないからと家を出される
話せてよかったよ(´;ω;`)ウッ…

家に帰ったマギーだけど感染の進行は早く、ある日腐った指を切断( ;∀;)
しかもキャロラインが料理をしていたまな板の上。

またマギーとウェイドが近隣住民の親子(父・母・娘(4歳))の父親と娘が感染した姿と遭遇、これを撃退。
本来感染した者はある時を境に隔離病棟へ送らなければいけないのだが、母親であるモリ―が自宅に監禁していた事がこの事件につながった。

学校の友達同士と久々にレッツパーリィー☆
恋人のトレントも感染者(´;ω;`)ウッ…

友達「また次の週末も会える?」
マギー「約束する」

引き留めてハグする友達(名前覚えておらず(´;ω;`)ウッ…)
次の週末まで理性を保てている保障はなす
目安として人の匂いを感じたら末期。

マギー感染の進行

そうこうしてたらキャロラインが近づいてきた時に不意にマギーが

「匂いがする」

キャロラインは「下の階にいるウェイドが料理でもしているのよ」というが下に行ったら誰もいない。料理もしていない。

マギーは症状が進行してキャロラインを食料として感じていたのだった。(この時は本人それに気づかず)
そらキャロライン怖いわ( ;∀;)

  • 恋人であるトレントも父親に匂いを感じ、通報され隔離へ。
  • キャロラインが「マギーを隔離病棟に入れて!」ウェイド拒否。キャロライン逃亡。
  • マギー罠にかかったキツネを食べる。(キツネは近づいていたマギーを以上に恐れる)。
  • 警察がマギーの様子を見にきてウェイドとバトル。

などなど問題てんこもり。
マギーも限界を感じる。

寝ている(ふり)をしているウェイドに忍び寄る人影。。
足のカットだけで末期と分かる程に進行(;´д`)

ウェイドに近づきハーハー言いながら匂いを嗅ぎまくるマギーちゃん。
撫でまわす様に嗅いだ後に食べるのか!?と思わせた瞬間!

ちゅっ

ウェイドの頭に愛おしそうにキスをするマギー。
最後のお別れだったんですね(´;ω;`)ウッ…

ウェイドはマギーが部屋を出て行った後に思いつめた表情で銃に弾を込める描写まではありますがそこまで。

家の屋根に上がったマギー。
今は亡き母との子供時代の回想が入る。

苦しむような表情はなく、そのまま屋上から飛び降り
マギーの目に映る地面が近づき映画は終わります。

まとめ

世界観も明るくないし、ゾンビ映画だけどゾンビがわらわら出てくるわけではないですが、
役者陣の演技が良く、自然に物語に入り込む事が出来ました!

元特殊部隊のシュワちゃんには飽きた!という方にも是非見ていただきたい作品です(‘ω’)ノ演技も良いよ

気になった方はこちらからどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください