JUMP

【漫画感想】逃げ上手の若君 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:松井優征
  • 出版:集英社
  • 発売日:2021/7/2
初めに

『魔人探偵脳噛ネウロ』『暗殺教室』の松井優征、最新作!

日本中世が舞台。鎌倉幕府の後継候補である主人公・北条時行は、逃げる事だけが得意だった!?

潔く死ぬのが当たり前の時代に、何が何でも逃げ回り、ひたすらに天下人の首を狙い続けた、神出鬼没の侍王子の激動の人生が始まる…

あらすじ

1333年、鎌倉。幕府の後継として生きるはずだった少年・北条時行は、鎌倉幕府の守護神にして「英雄」足利高氏の謀反により、地位、故郷、家族を全て失う。

しかし時行は、生き延びる事に関しては誰よりも秀でていた。信濃国の神官・諏訪頼重に助けられ、頼重の予言により新たな道を歩む事を決意する。

高氏は殺すことで英雄となり、時行は生きる事で英雄となる…二人の対極な運命の英雄が存在するこの時代。頼重の予言通り、二年後に時行は日本中を震撼させる事となる…

感想

安定して面白いです!時代設定が良いですね!ジャンプ漫画で新鮮で楽しいです。

主人子の設定も面白い、戦闘能力に関しては皆無…しかし、逃げと隠れる才能に関しては飛び抜けています。

時行は全ての攻撃を避けれるので、味方と連携して敵を討つのですが、躊躇なく敵を殺す!可愛らしいビジュアルの主人公だけど敵はちゃんと殺すのが良いです!しかも首を獲ります。

冒頭から一族皆殺しの思いストーリー展開。その中でコミカル要素を挟みつつ、ちゃんと敵を討つ復讐であり再起のストーリー。

そんな王道な展開を主人公の能力を「逃げ」という斬新な設定、そして歴史漫画として描くこの漫画…おすすめです!なんと二か月連続刊行!!次巻は8月4日発売です。

  • 主人公の能力が「逃げ」
  • 仲間と連携して戦う
  • 再起のストーリー
  • シリアスとコミカルのバランスが良い