JUMP

【漫画感想】逃げ上手の若君 2巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:松井優征
  • 出版:集英社
  • 発売日:2021/8/4
初めに

『魔人探偵脳噛ネウロ』『暗殺教室』の松井優征、最新作!

日本中世が舞台。鎌倉幕府の後継候補である主人公・北条時行は、逃げる事だけが得意だった!?

潔く死ぬのが当たり前の時代に、何が何でも逃げ回り、ひたすらに天下人の首を狙い続けた、神出鬼没の侍王子の激動の人生が始まる…

あらすじ

北条家の生き残りを探す信濃守護の小笠原貞宗。

貞宗は諏訪大社の催しに強引に乱入し、時行に直接対決を挑む…

感想

小笠原貞宗ががっつり絡んでくる第2巻でした。そんな中で新たな仲間も加わり、さらには時行に必殺技が!?

前半は小笠原貞宗との対決です!貞宗は達人級の名手。

強敵を前に追い詰められる時行ですが、必殺技を編み出します。かつてパルティアがローマ軍を撃退する時に使用した、逃げながら敵を討つ…その名も「パルティアンショット」

まさかの横文字の必殺技がでました!かっこいいのでアリです!ちゃんと時行の特性(逃げ)に合った必殺技です。

そして後半は、新キャラクターの風間玄蕃が登場!必殺技に新キャラクターの登場…盛り上がってきました!時行は必殺技を覚えた事で、自身の戦闘力も上がっていきそうですね。

  • 主人公の能力が「逃げ」
  • 仲間と連携して戦う
  • 再起のストーリー
  • シリアスとコミカルのバランスが良い