GARDO

【漫画感想】望まぬ不死の冒険者 2巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:丘野優
  • 漫画:中曽根ハイジ
  • キャラクター原案:じゃいあん
  • 出版:オーバーラップ
  • 発売日:2018/5/25
初めに

小説家になろう発!

おちこぼれ冒険者が不死者に!?

十年以上探索していたダンジョンで隠し通路を発見。そこに居たのは魔王に匹敵する最高位の魔物「龍」だった!

あらすじ

調査の為に龍と遭遇した未踏破区域に再び訪れたレント。

その時、魔法陣のトラップが転送し、見知らぬ場所へ転送されてしまう…その場所こそ《水月の迷宮》の最深部、ボスの部屋だった。

そしてレントは、迷宮からエネルギー供給を受ける上位の魔物「骨巨人(ジャイアントスケルトン」と対峙する!

感想

ジャイアントスケルトンとの戦闘でさらに進化!その姿はヴァンパイアの眷属「屍鬼(しき)」

屍鬼に進化した事で、肉付きが増え、喋りもかなりまともになりました。しかしその結果、血を求めロレーヌを襲ってしまいます…結構がっつり。そしてホラーでした…汗

でもロレーヌがレントの事を本当に大切に思っている事描写もあり、この二人の関係性よいなーと思える展開でした。レントはふっとばされますが…!

そして気になる謎の人物も登場し、迷宮の謎はまだまだ解明されません!

  • 設定が面白い。人間が魔物に変化し、人間に戻る事を目指す
  • 高い画力。キャラクター、魔物デザインが秀逸
  • 登場キャラクターが魅力的