GARDO

【漫画感想】望まぬ不死の冒険者 6巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:丘野優
  • 漫画:中曽根ハイジ
  • キャラクター原案:じゃいあん
  • 出版:オーバーラップ
  • 発売日: 2020/11/25
初めに

小説家になろう発!

おちこぼれ冒険者が不死者に!?

十年以上探索していたダンジョンで隠し通路を発見。そこに居たのは魔王に匹敵する最高位の魔物「龍」だった!

あらすじ

都市マルトに絶大な影響力を持つ「ラトゥール家」から指名で依頼を受ける事になったレント。

ラトゥール家の当主と面会を果たすが、突如起動したゴレームとの戦闘に巻き込まれる…

感想

富豪な当主ラウラが登場!大量の魔道具を保持していますが、その中の魔導人形(ゴーレム)が起動してしまい、レントVSゴーレムが始まります!

大量の貴重な魔道具がこの戦闘で犠牲に…笑

そして、お礼としてラウラから貰った魔道具。それは瓶なのですが、その中には吸血鬼の血が!?

この血のおかけで、レントはヴァンパイアに進化します!かなり人に近づいてきました!羽も生えて空も飛べる!

これはかなり戦闘力が上がりそう…そしてレントはイケメンだった!

  • 設定が面白い。人間が魔物に変化し、人間に戻る事を目指す
  • 高い画力。キャラクター、魔物デザインが秀逸
  • 登場キャラクターが魅力的