アクション

【映画感想】レッド・ノーティス 【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:ローソン・マーシャル・サーバー
  • 出演:ドウェイン・ジョンソン、ライアン・レイノルズ、ガル・ガドット、他
  • 日本配信日:2021年11月12日
初めに

ドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ主演!

Netflix史上最高額の予算を投資したアクションコメディ!

「レッド・ノーティス」とは、インターポール(国際刑事警察機構)が世界の最重要指名手配犯を逮捕するためにのみ発令する、特別な国際手配書のこと

あらすじ

クレオパトラの卵を狙う詐欺師、ノーラン・ブース(ライアン・レイノルズ)。それを阻止しようと行動するFBI捜査官のジョン・ハートリー(ドウェイン・ジョンソン)

ノーランの追い詰めるジョンだったが、世界最高の美術品泥棒であるビショップ(ガル・ガドット)の策略にはまってしまう。

ノーランとジョン。敵対する2人が共通の敵を捕まるため仕方なく協力することに。

感想

最高の娯楽映画でした!まずキャストが豪華!

今作はギャグアクションです。ギャグシーンはライアン・レイノルズが出演している時点で面白いのは間違いないですね!

軽口を叩くノーランと、それに対抗するジョン。この二人の掛け合いが最高でした。そしてビショップは緻密に練った計画で二人を翻弄します。

主演の三人ともに他作品でアクションをバリバリに演じているので、今作の三人のアクションシーンは流石に見事でした。

クレオパトラの卵という超高級の美術品。全部で3つあり各地に散らばって存在しています。この3つのクレオパトラの卵を狙うのが、ノーランとビショップ。

2つの所在は判明しているけど、1つだけ行方不明。この最後の一つを探す展開が面白い。謎解きのミステリー要素と未知の宝探しの冒険感が最高でした!

物語が進むにつれて明かされる真実。ノーランの過去や、物語道中での行動が伏線になっていて回収していく展開の爽快感も良かった。ただのアクション映画ではないのもポイントですね!

最後まで飽きさせない展開が続く今作。ラストはまさかの展開…これは騙される!

笑えて、騙されて、ド派手なアクション!最高の娯楽映画です!おすすめ!続編作ってほしい!

  • 豪華出演陣
  • アクションコメディ
  • 楽しく観れる娯楽映画