映画感想

【映画感想】最後の決闘裁判 【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:リドリー・スコット
  • 出演:マット・デイモン、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー、ベン・アフレック、他
  • 日本配信日:2021年10月15日
初めに

生死を賭けた《真実》が裁かれる。

『エイリアン』のリドリー・スコット監督作品。

衝撃の実話ミステリー作品!

決闘裁判とは

中世ヨーロッパで行われた、決闘によってどちらか正義を決定する裁判。

神が正義の者を勝利に導くと信じられていたため、敗者は決闘で命を奪われなかったとしても、罪人として処刑される。

今作で描かれた決闘裁判は、フランス国王が認可した最後の決闘裁判となった。

あらすじ

中世フランス、騎士ジャン・ド・カルージュの妻マルグリッドが、夫の旧友ジャック・ル・グリに強姦されたと訴える。

だが、ル・グリは無実を主張。しかしカルージュは、国王シャルル6世に決闘での決着を直訴する。

目撃者が居ない中でマルグリッドとル・グリどちらが真実なのか…その行方は生死を賭けた《決闘裁判》に委ねられた。

感想

一人の女性が原因での二人の男の決闘する映画です。

ジャン・ド・カルージュ(マット・デイモン)の妻であるマルグリッドがジャック・ル・グリ(アダム・ドライバー)に強姦される。

様々な視点から辿る物語。ラストの決闘はまさに死闘でした!実話の結末を知らずに鑑賞したので、どっちが勝つのか?最後まで緊張感があり楽しめました!

これは視聴者側としては、ル・グリが実際に犯行に及んだ事は知っているのですが、マルグリッドが一人で居た所を襲われた為、目撃者と証拠が無い状態です。

この時代に捜査能力はないので、裁判で証言者による証言のみで判決を行っている状態。普通は女性は襲われても裁判を起こすことは無いけど、マルグリッドは諦めなかった。

しかし、決闘裁判で敗れた者とそれに関係した者も裁かれます。今回に関してはマルグリッドが告発している為、カルージュが敗れるとマルグリッドにも罰が…

強姦の虚偽は、裸にされ磔。そして生きたまま火炙り…そんな残酷な裁きを知ってでも折れないマルグリッドの信念は凄くよかった!

カールジュ、ル・グリ、マルグリッドの視点から同じ時系列を3回描かれています。同じシーンでも視点が変わる事で、違いが出てきます。

全てを知ったうえでの最後の決闘。大迫力の死闘は必見です!緊張感のある物語と迫力ある戦闘。どちらが勝つのか…最後まで楽しめる映画でした!

エンドロールで勝者のその後が説明されます。これは嬉しい要素でした!

  • マット・デイモン、アダム・ドライバー主演作品
  • 実話を元にした物語
  • 緊張感のある決闘シーン