アクション

【映画感想】SAS: 反逆のブラックスワン【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:マグヌス・マーテンス
  • 出演:サム・ヒューアン、ルビー・ローズ、アンディ・サーキス、他
  • 日本配信日:2021年8月27日
初めに

NETFLIX独占配信!

海底トンネル内でハイジャックされた列車を舞台に、恋人を守りながら戦う主人公を描く!

あらすじ

ロンドンからパリへ向かう高速列車が、武装した傭兵集団にハイジャックされた。

恋人と共に列車内に居合わせた特殊部隊SASの隊員であるトム・バッキンガムは、乗客を容赦なく殺す冷酷非道な敵と戦う事を決意する。

そして傭兵集団のリーダーがトムが、追いかけていた傭兵部隊「ブラックスワン」の女性リーダー・グレースだった。

感想

主人公が強い系です。しかし、スタイリッシュなアクションではなく、隠れながらのスニーキングミッションです。

主人公のサムは、村を虐殺した傭兵部隊「ブラックスワン」討伐の任務にあたっていましたが、敵を捕獲するが、やむなく殺してしまい定職になっていました。

そんな定職中に恋人のソフィーにパリでプロポーズする為、高速列車に二人で乗り込みます。

主人公のトムは、少しサイコな所があって仕事とはいえ、人を殺す事をなんとも思っていなかったりします。同僚からも女を殺した翌日に恋人にプロポーズとかいじられています。

そんなトムの彼女ソフィーは、トムの人を殺す仕事の逆で、医療の仕事をしていて人を救っています。正反対の二人ですね。

二人の乗車した高速列車。運転手が殺され海底トンネル内で急停車!20人程の傭兵部隊に閉鎖された空間で占拠される!

トムは、自分が追っていた傭兵部隊「ブラックスワン」の女性リーダー・グレースが列車に乗車していた事を事前に察知!

しかし、用意周到な傭兵部隊の手によって結局列車は占拠されてしまうのですが、トムの戦闘能力は凄く高く度胸もあるので単身で制圧していきます。

さらに冷静に外の仲間に連絡をとり、応援を呼びます。しかし、実は味方に内通者が居て情報が筒抜けに…この内通者が誰なのか?これも物語を盛り上げてくれる要素の一つですね。

冷酷な傭兵集団から恋人を守りながら、単独で制圧するスニークアクション!裏切り者は誰?そして傭兵部隊は資金と脱出用のヘリを準備させたけど、どうやって包囲されたトンネルから脱出するのか…?

アクションだけでなく、トムとソフィーの関係性の変化も見所です!

  • 主人公が強い
  • 閉鎖された海底トンネルが舞台
  • 敵に隠れながらのスニークアクション