アニメ

【映画感想】機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ【ちょいネタバレ】

概要
  • 脚本:富野由悠季、矢立肇
  • 監督:村瀬修功
  • 声優:小野賢章、上田麗奈、諏訪部 順一、他
  • 日本公開日:2021年6月11日
初めに

全3巻の小説を三部作としてアニメーション映画化

アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦い『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から12年後が舞台。

あらすじ

地球連邦政府は、強制的に民間人を宇宙に連行する「人狩り」を行っていた。

そうした地球圏の腐敗を現状にマフティー・ナビーユ・エリンと名乗る人物が、反連邦組織「マフティー」を立ち上げる。

そのマフティーの正体は、かつてアムロ・レイと共に戦った地球連邦軍指揮官、ブライト・ノアの息子、ハサウェイ・ノアだった。

感想

戦闘が思ったより少なかったけど、退屈せずに最後まで楽しめました!今作から初見でも楽しめますが、宇宙世紀ガンダムの大まかなストーリー、そして『逆襲のシャア』を視聴すると一層楽しめます!

ハイジャックから始まる物語、緊張感とハサウェイの派手な肉弾戦。そしてここで出会った謎の少女、ギギ・アンダルシア。

今作はハサウェイとギギの出会いから始まります。このギギは謎、しかしどこか魅力的なキャラクターです。

市街地での戦い。ここではハサウェイとギギがホテルから脱出し、逃げるシーンがメインです。迫力が凄い。よく生き残れたなと…モビルスーツ戦闘に巻き込まれる怖さを体験できます。

この市外戦パートでハサウェイの迷いが描かれていますが、今作はモビルスーツ戦闘が少ない分、登場キャラクターの心理描写が描かれていて物語に深みが増し、次回への期待が高まりました!

最後にガンダムVSガンダムで締めてくれて大満足な作品でした!

  • 逆襲のシャアの続編
  • シリーズ作品