映画感想

【映画感想】THE GUILTY/ギルティ 【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:アントワーン・フークア
  • 出演:ジェイク・ギレンホール、イーサン・ホーク、ライリー・キーオ、他
  • 日本配信日:2021年10月1日
初めに

第91回アカデミー賞外国映画賞を受賞したデンマークのスリラー映画『THE GUILTY/ギルティ』をジェイク・ギレンホール主演でリメイクした作品。

あらすじ

ジョー・ベイラーは、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、911緊急通報のセンターのコールオペレーターとして緊急通報の応対する日々を送っていた。

警察官として現場復帰する為の大事な裁判が明日に控えたジョーだったが、女性から掛かってきた一本の電話で全てが変わる。

電話を掛けてきたのは、誘拐されたと訴える女性。ジョーは電話から聞こえる、車、女性、犯人の声から誘拐された女性を救おうとするが…

感想

オリジナル版は見視聴です!この映画は結末を知らない方が楽しめますので、ジェイク・ギレンホールファンの方には、オリジナル版の予習を控えた方が楽しめると思います!

まず、映画の殆どが主人公ジョーのオペレーターとして勤務しているシーンで終わります。しかし、緊張感ある展開とジェイク・ギレンホールの演技力により一気に物語に引き込まれました!

誘拐された女性からの一本の電話。女性からのかすかな手掛かりを元に、警察官達に連絡を取り、なんとか救出しようと奮闘するジョー。しかし運が悪い事に大規模な家事が発生していて、警察官や救助隊の人手が足りない状態なんです。

ジョーはとある事件が原因で追い詰められている状態な上に、思うように進まない誘拐された女性救助活動に、かなり追い詰めれれています。

この映画の凄い所は、誘拐された女性のシーンを一切映す事なく、電話の音声のみで全てのシーンを進めていきます。これは物語と演出が良くないと成立出来ない構成だと思うので、本当に凄い。

途中から誘拐された女性の子供と通話する事になりますが、この子供との会話する事で誘拐事件の真相に繋がると共に、新たな問題が発覚します…子供の家に救助を送るジョーだったが…

終盤の急展開でガラッと変わる。ジョーの緊張感が伝わってきますね!ラストの結末は色々と考えさせられました。良い事なんだけど…ここは人によって意見が変わると思います!

ぜひネタバレを見ずにご視聴下さい!

  • リメイク作品
  • 電話の通話のみで進んでいく物語
  • 予想する事ができない結末