アニメ

【映画感想】時をかける少女【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:細田守
  • 原作:筒井康隆
  • 声優:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、他
  • 日本公開日:2006年7月15日
初めに

筒井康隆の小説『時をかける少女』から約20年後の舞台として、細田守監督の手でアニメ映画化された作品です。

青春物語+タイムリープを題材に描かれた作品です!

あらすじ

倉野瀬高校2年生の紺野真琴は、理科準備室で不審な人影を目撃。正体を確認しうようとした時、不意に転倒してしまう。

その時、不思議な空間に入る体験をするが目を覚ますと、周りには誰も居なかった。

仲の良い友達である津田功介と間宮千昭に自身の体験を話したが笑われてしまう。

そんな日の帰り道、坂道で真琴が乗る自転車のブレーキが壊れてしまい、猛スピードで閉じた踏切へ突入してしまう…そしてそこには電車が…

死…それを覚悟し宙に浮いた真琴だったが、気がつくと坂道の途中で転んでおり、時計が少し前の時間に戻っていた。まるで時が戻ったかのように…

感想

細田守監督の代表作です。かなり有名な作品ですね!

理科準備室で転げた拍子に木の実のような物を潰してしまい、それが原因でタイムリープする事が出来てしまう真琴

そもそも、その日の真琴は本当に運が悪かった…調理実習でのトラブル、人とぶつかり、そして最後は自転車のブレーキが壊れてしまう…

それをタイムリープの能力を得た事で、先読みし全てを回避していく真琴。妹に食べられてしまったプリンを食べられる前に戻ったりと、これがタイムリープの面白さですね。視聴者も先の展開をしっているので、危機回避は見ていて面白いです。

この映画の見所として、青春ストーリーの中にタイムリープというファンタジー要素を絡めた事。そしてその能力を使った事で変えてしまった未来の変化に起こる問題。それをどうやって真琴は解決するのか…そしてタイムリープの能力が何故、真琴に宿ったのか…

後半の怒涛の展開は目が離せません!夏にぴったりの映画です!

  • タイムリープ作品
  • 青春ストーリー+ファンタジー