CHAMPION WEEKLY

【漫画感想】桃源暗鬼 7巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:漆原侑来
  • 出版:秋田書店
  • 発売日:2021/12/8
初めに

鬼VS桃太郎!主人公は鬼側!?

新世代ダークヒーローバトル鬼譚!

あらすじ

お互いの素性を知らない状態で、仲良くなっていた四季と神門。

桃太郎機関・深夜の卑怯な戦略により、四季と神門の友情が崩れていく…

正義感の強い桃太郎機関・神門は、四季が鬼と知り…

感想

深夜の策略により、ついに神門に四季が鬼とばれちゃいました…

四季は神門と対話を望みますが、神門は拒否。二人の関係性が崩れる中、桃太郎機関VS鬼機関の戦いが始まります!

今巻は、桜介VS碇がメインバトル!。碇のランダムに発動する能力は、扱いが難しいけど怒りによって生み出される武器はとても強力。

そして桜助は、圧倒的体術センスと技をコピーする事が出来る能力を所持しています。開幕戦として迫力のある戦闘でした!テンポが凄く良い!

次巻では、桃太郎機関隊長・月詠VS無陀野。四季VS神門と、気になる戦いが続きますもで、期待ですね!

四季と神門が和解して、初めて桃太郎と鬼が強力する…みたいな展開にならないかなー。

  • 鬼が味方。桃太郎が敵。
  • 組織VS組織
  • 能力バトル
  • 迫力ある戦闘