アニメ感想

【アニメ感想】ヴァイオレット・エヴァーガーデン【ちょいネタバレ】

概要
  • 監督:石立太一
  • 原作:暁佳奈
  • 声優:石川由依、子安武人、浪川大輔、他
  • 放送日:2018年1月10日
  • 話数:全13話+OVA1話
初めに

京都アニメーション製作。

これは、感情をもたない少女が愛を知るまでの物語。

想いを綴る、愛を知るために。

あらすじ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは名前も無い孤児の少女で戦争の道具として、感情、意思を持たず人を殺す日々を送っていた。

陸軍少佐のギルベルトとの出会いから、「ヴァイオレット」名前を貰い、徐々に心を開いていく。

しかし、戦争によりヴァイオレットは両腕を失い、ギルベルトは瀕死の重症を負い行方不明に…

ギルベルトの最後の言葉「愛している」その言葉の意味を知る為、郵便の仕事である代筆業…通称「自動手記人形」の仕事に就く。

「自動手記人形」として、人々と触れ合うことで徐々に成長するヴァイオレットは手、紙を書き続ける。いつかギルベルトと会えると信じて。

感想

金曜ロードショウで総編集編が放送された大人気アニメです!大人が観てもきっと楽しめます!

京都アニメーション制作。初めて京アニ製を視聴しましたが、映像、演出の素晴らしさに感動しました。原作を大切にしているのが伝わってきますね。

さて今作ですが、手紙を題材にした物語で、かつては戦争で殺戮兵器として軍に扱われていた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンの成長物語です。

TVアニメシリーズは全13話+OVA1話で、基本1話完結の為、観やすいのもポイントですね!

戦争で人を殺し、人と人の繋がりを絶ってきた少女が、やがて手紙を書き人と人を繋げる。

様々な人と出会い、そして想いを伝える為の手紙を書いていくにつれて、成長していくヴァイオレット。

感動する物語が多い今作ですが、有名な第10話は本当に感動しました。アニメでこんなに泣くとは…

劇場版が2作ありますが、物語の結末としては最新作の『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が完結作となります。

総編集を視聴して興味を持った方は、ぜひTVアニメを視聴して頂きたいです!きっと楽しめるはずです!

TVアニメの3話あたりまで視聴すると、物語の方向性を知ることが出来ると思います!

  • 魅力的なキャラクター
  • 音楽、演出、映像が素晴らしい
  • 心に響くストーリー