JUMP

【漫画感想】呪術廻戦 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:芥見下々
  • 出版:集英社
  • 発売日:2018/7/4
初めに

週刊少年ジャンプ連載中!アニメ化もした大ヒット少年漫画で「呪い」を題材としたダークファンタジーです!

前日譚の『呪術廻戦0巻』が2021年冬映画化!

あらすじ

類まれなる身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。

ある日、学校に眠る呪物の封印が解かれ化物が現れてしまう…

悠仁は化物に襲われた友人を助ける為、呪術高等専門学校から派遣された伏黒恵と共に立ち向かう。

感想

大人気漫画の呪術廻戦です!よくある能力系のバトル漫画ですが、今作の特徴は能力を「呪い」として描写しておりダークな作風になています。

身体能力の高い主人公・虎杖悠仁ですが、序盤から登場した化物には歯が立たない状態。化物=呪いなんですが、今作の設定として「呪いは呪いでした払えない」とあります。

序盤から登場する呪術師専門の学校。呪術専門学校から派遣された伏黒恵は、術式を使用して影から式神を召喚出来る能力を使用するのですが…化物に苦戦!

ここで活躍するのが主人公!悠仁は特級呪物「両面宿儺の指」を飲み込んでしまいます…食べるんだって衝撃からの超展開!

ピンチからの主人公覚醒は王道なんですが、指を食べた事で両面宿儺に体を乗っ取られてしまうんですよね。凄く強いんだけど主人公には見えない!笑

この暴走した両面宿儺を止めるのが自身を最強と称する存在。五条悟です。遅れて登場するのですがめちゃくちゃ強い…そして彼は呪術高等専門学校の先生なのです。

ここからの展開は、悠仁が呪術専門学校へ入学し、紅一点の釘崎野薔薇がメンバーに加わります。

一巻のテンポと内容の濃さが凄いんです!虎杖悠仁、伏黒恵、釘崎野薔薇の主要メンバーが揃い、三人で参加する任務で急展開が…

1巻から強敵は出現しますが、これは次巻が必ず読みたくなります!

  • 呪いを題材にした能力バトル
  • 呪い=化物が敵
  • ダークな展開
  • 設定が面白い