JUMP

【漫画感想】呪術廻戦 3巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:芥見下々
  • 出版:集英社
  • 発売日: 2018/12/4
初めに

週刊少年ジャンプ連載中!アニメ化もした大ヒット少年漫画で「呪い」を題材としたダークファンタジーです!

前日譚の『呪術廻戦0巻』が2021年冬映画化!

あらすじ

伏黒と釘崎の前に現れた京都高校の東堂葵と禅院真衣。

交流戦を前に襲い掛かる京都高校の二人を前に、伏黒、釘崎が立ち向かう。

一方、修行中の虎杖は実戦で鍛える為、呪霊が起こした事件現場へと向かうが…

感想

人間から生まれた呪霊・真人が暗躍する第3巻です。ストーリー展開は重い…

えげつない事をしでかす真人…能力は「無為転変」触った対象を変形してしまう強力な能力です。

真人に襲われた人間の姿が残酷すぎますね。そして戦いながら成長していく厄介な相手。

味方にも新キャラクターが登場!一級術師の七海健人です。元サラリーマンって事もあり冷静に戦う姿が面白い!

そして今巻の見所である真人VS七海。それぞれの力量を教えてくれる戦闘は見ごたえありました!

これから真人がかなりの脅威になりそうです。

  • 呪いを題材にした能力バトル
  • 呪い=化物が敵
  • ダークな展開