JUMP

【漫画感想】呪術廻戦 4巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:芥見下々
  • 出版:集英社
  • 発売日:2019/3/4
初めに

週刊少年ジャンプ連載中!アニメ化もした大ヒット少年漫画で「呪い」を題材としたダークファンタジーです!

前日譚の『呪術廻戦0巻』が2021年冬映画化!

あらすじ

呪いにより殺人事件を追う虎杖。現場にいた順平と出会い、意気投合する。

しかし順平は事件の犯人である呪霊・真人と意気投合していた。

真人は順平を利用し、虎杖と戦わせようと画策する。そして順平は真人の術中に落ちてしまう…

感想

真人の策略により最悪の展開へ…

順平は真人と絡んだ事は失敗だったなー。真人の「無為転変」により取り返しのつかない事になる順平。

最悪の展開へと…真人に対して虎杖が本気でキレます。でも真人は最低な呪いだけど、敵としては秀逸ですね!この憎たらしさが良いです。

さらに追い詰められた真人は、ついに領域展開を取得します。これが気持ち悪いけど、発動の印のセンスが凄い!なんて邪悪さ。

真人との激闘…そして後半は新たな展開へ!今後の展開が気になる盛りだくさんの第4巻でした!

  • 呪いを題材にした能力バトル
  • 呪い=化物が敵
  • ダークな展開